ストック食材を使った
ケチャップ+ウスターソースの懐かしい味

調理=みないきぬこ 撮影=千葉充

ふわっ、シャクッ、と異なった食感が楽しめ、どこか懐かしい味つけにご飯が進む一品です。おでん用に買って余ってしまったはんぺんがあれば、じゃがいもや卵などのストック食材と合わせるだけ、の簡単さも魅力。じゃがいもに含まれる豊富なビタミンCは加熱しても損なわれないため、風邪予防や美肌効果も!


【ふわふわ卵とじゃがいものさっと炒め】(1人分295Kcal、塩分2.8g、調理時間15分)


<材料・2人分>はんぺん1枚、卵2個、じゃがいも230g、にら1/2わ、合わせ調味料(ウスターソース大さじ1 1/2、トマトケチャップ大さじ1、みりん小さじ1、こしょう少々)、サラダ油


<作り方>

1.じゃがいもは7~8mm角の棒状に切る。にらは6cm長さに切る。ボウルに卵を溶きほぐし、はんぺんを一口大にちぎって加え、溶き卵をからめる。

2.フライパンに油大さじ1/2を強火で熱し、2の卵はんぺんを入れて炒め、卵が大体固まったらいったん取り出す。

3.フライパンをペーパータオルで拭いて、油大さじ1/2を熱し、じゃがいもを入れて約5分炒める。じゃがいもに火が通ったらにらを加え、2を戻し入れて炒める。全体がなじんだら合わせ調味料を加え、さっと炒め合わせる。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】