自宅でも手軽にできるアジアン料理のアレンジレシピ

アジアの国々の定番料理、日本のお店でも見かけることが多くなりましたよね。でもおうちで簡単に作れるものも。香辛料が効いたヘルシーなものが多く女性にも人気で、おうちごはん会にもぴったり。ぜひチャレンジしてみてくださいね。


コクのあるさっぱりスープ「牛肉のフォー」

「牛肉のフォー」「チキンガパオ」etc.…。おうちでできた!アジアンごはんレシピ5選 画像(1/5) 牛肉のフォー
牛肉のフォー

調理=坂田阿希子 撮影=竹内章雄

<材料4人分>

牛しゃぶしゃぶ用肉…250g、長ねぎ(青い部分)…1本分、にら…1/2わ、紫玉ねぎ(または玉ねぎ)…1/2個、もやし…1袋、レモン…1/2個、香菜(シャンツァイ)、ミント…各適宜、にんにく…2片、フォー…300g、とりガラスープの素…小さじ1/2、ナンプラー…大さじ3、塩、サラダ油

<作り方>

1.鍋に水1.6Lとねぎを入れて沸騰させる。牛肉を1枚ずつさっとくぐらせ、色が変わったらペーパータオルを敷いたバットに取り出し、湯をきる。ゆで汁はアクとねぎを除き、スープの素、塩小さじ1、ナンプラーで調味する。

2.にらは1cm長さに切る。紫玉ねぎは縦薄切りにする。もやしはひげ根を取る。レモンはくし形に切る。香菜はざく切りにする。

3.にんにくは薄切りにし、フライパンに油大さじ4とともに入れて弱火にかけ、じっくりと揚げる。にんにくがうすく色づいたら、ペーパータオルの上に取り出して油をきる。揚げた油も、容器に移してとっておく。

4.鍋にたっぷりの湯を沸かし、袋の表示どおりにフォーをゆでる。取り出して湯でさっと洗い、湯をきって器に盛る。

5.1のスープにもやし、にら、紫玉ねぎを加え、煮立ったら火を止め、4に注ぐ。牛肉をのせ、香菜、ミント、レモンを添える。3のにんにくと油を、好みでかけて食べる。

ヘルシー麺の代表フォー。ナンプラーの香りと、にんにくチップがアクセントになって野菜もたっぷり摂れちゃいます。


旨みたっぷりの麺「あさりのエスニックビーフン」

「牛肉のフォー」「チキンガパオ」etc.…。おうちでできた!アジアンごはんレシピ5選 画像(3/5) 【写真を見る】あさりのエスニックビーフン
【写真を見る】あさりのエスニックビーフン

調理=コウケンテツ 撮影=野口健志

あさりやにんにくのエキスをすったビーフン。レモンや黒こしょうをお好みの量でアレンジして、楽しみながらいただけます。


香りただようヘルシー炒めご飯「チキンガパオ」

「牛肉のフォー」「チキンガパオ」etc.…。おうちでできた!アジアンごはんレシピ5選 画像(6/5) チキンガパオ
チキンガパオ

調理=外処佳絵 撮影=キッチンミノル

目玉焼き、パプリカなどで見た目もカラフルです。女子会だけでなく、具材を作り置きしてお弁当にもオススメ!


ベトナム定番のオムレツ「豚肉ときのこのバインセオ風」

「牛肉のフォー」「チキンガパオ」etc.…。おうちでできた!アジアンごはんレシピ5選 画像(10/5) 豚肉ときのこのバインセオ風
豚肉ときのこのバインセオ風

調理=重信初江 撮影=鈴木泰介

卵に包まれているのは食物繊維たっぷりのきのこや豚肉。にんにくとバターの黄金コンビが、食材をひきたてるオムレツです。


炊き立てからすぐに完成「ナシゴレン風うま辛ご飯」

「牛肉のフォー」「チキンガパオ」etc.…。おうちでできた!アジアンごはんレシピ5選 画像(15/5) ナシゴレン風うま辛ご飯
ナシゴレン風うま辛ご飯

調理=ヤミー 撮影=福尾美雪

にんにくと炒めた食材を、お米といっしょに炊飯器で炊くだけ。ピリッとしたご飯に、半熟の目玉焼きが相性抜群です。


各国の調味料やにんにくの風味が効いて、今すぐ食べたくなるアジアンメニュー。飽きのこないアジア料理は彩りも豊かで、テーブルも賑やかになりそう。今回紹介したレシピは、自宅でお店のような味わいが再現できる分かりやすいものばかり。炊飯器でできるレシピもありますから、気軽に挑戦してアジアンメニューをレパートリーに加えてみましょう。

【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】