いつもと違ったお肉がおいしい!休日に作ってみたいラム肉料理5選 画像(1/5) 「ジンギスカン」

とり肉、豚肉、牛肉などに比べると、なかなか登場する機会は少ないのがラム肉ですが、最近ではスーパーでも売られ、買いやすくなりました。今回はそんなラム肉を使った料理5選をご紹介。いつも使っているお肉とはひと味違った料理で、特別な食事にしてみませんか?

【ジンギスカン】(1人分361Kcal、塩分2.6g)

<材料・4人分>ラム肩ロース肉(焼き肉用) 400g、下味(塩、こしょう 各少々、ごま油 大さじ1/2)、玉ねぎ 1個、ピーマン 3個、かぼちゃ 1/8個、キャベツ 1/6個、なす 2個、もやし 1袋、たれ(玉ねぎのすりおろし 1/2個分、おろしにんにく 1片分、しょうが汁、レモン汁 各大さじ1、りんごジュース[果汁100%] 50ml、しょうゆ 1と1/2カップ、酒 50ml、砂糖 大さじ3、コチュジャン 小さじ1)、薬味(おろしにんにく、いりごま[白]、一味とうがらし 各適宜)、塩、サラダ油

<作り方>

1. たれの材料を小鍋に入れてひと煮立ちさせ、さます。

2. ラム肉はボウルに入れて下味の調味料を加えてもみ込み、皿にきれいに並べる。塩、こしょう、ごま油をからめて下味をつけておくと、鍋にもくっつかずおいしく焼ける。

3. 玉ねぎは1cm幅のくし型切りにし、ピーマンは縦半分に切って斜め半分に切る。かぼちゃは1cm厚さの食べやすい大きさに切り、キャベツはざく切りに、なすは斜め1cm厚さに切って塩少々を加えた水に5分ほどさらす。

4. 鍋に油小さじ2を熱し、3のやさいともやしの適量をさっと炒め、鍋の縁に寄せる。

5. 弱めの中火にし、2のラム肉を適量を広げて入れ、両面を焼く。たれに好みの薬味を入れ、焼けたものから、野菜とともにたれをつけて食べ、次々と焼いていく。

※たれは冷蔵庫で1週間ほど保存可能。

※鍋はジンギスカン用の鍋がなくても、すき焼き鍋やホットプレートなどでもできる。

北海道の郷土料理「ジンギスカン」に代表されるラム肉は、生後1年未満の子羊のお肉のこと。羊肉の中で最もおいしいとされているお肉で、食感もやわらかいのが特徴です。


【ラムチョップの和風グリル】

ラムチョップにしょうゆベースの下味をつけてからグリルで焼くだけ。大根おろしで食べれば簡単に和風の味に仕上がります。

いつもと違ったお肉がおいしい!休日に作ってみたいラム肉料理5選 画像(3/5) 【写真を見る】「ラムチョップの和風グリル」

【ラムカレー】

炒める前にラム肉全体にカレー粉をまぶしておくのがポイント。ラム肉特有のにおいも気にならず、カレーがよくなじみます。

いつもと違ったお肉がおいしい!休日に作ってみたいラム肉料理5選 画像(6/5) 「ラムカレー」

【ラムハンバーグ】

ラム肉は細かくカット&包丁でたたいて粗みじん切りに。粗めのほうがざっくりとした食感が楽しめます。

いつもと違ったお肉がおいしい!休日に作ってみたいラム肉料理5選 画像(10/5) 「ラムハンバーグ」

【ラム肉餃子】

ラム肉の旨みとトマトの酸味の相性が抜群です。家族みんなでいっしょに作って、レッツ餃子パーティー!

いつもと違ったお肉がおいしい!休日に作ってみたいラム肉料理5選 画像(15/5) 「ラム肉餃子」

ラム肉の独特のにおいが気になるという人は、脂肪を取り除くと風味をおさえることができます。また、たんぱく質や鉄、亜鉛、銅などのミネラルがバランスよく含まれていて、貧血の予防にも効果的。ビタミンB群も豊富なので、日頃から貧血やビタミン不足で悩んでいる人にもおすすめです。

【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】