だし汁にたねを加えて冷やせば完成! 煮込まなくていい「冷やし夏おでん」 画像(1/2) さつま揚げのうまみで手軽においしい!

コンビニでおでんを見かけるたびに、「食べたい……、でも暑い……」と心乱れているみなさま。ひんやり冷えた「冷やしおでん」はいかがでしょうか? おでんといえば、だし汁でたねをぐつぐつ煮込むものですが、こちらはさつま揚げのうまみたっぷりのだし汁にたねを入れ、あとは冷蔵庫で冷やすだけ。明日の夜には、たねは冷え冷え、味がしみしみのおいしいおでんが食べられますよ。


【冷やし夏おでん】

<材料>(作りやすい分量・4人分)

ゆでだこの足200g、さつま揚げ4枚、ゆで卵4個、トマト 小4個、オクラ8本、かぼちゃ1/8個、結びしらたき8個(約280g)、だし汁5カップ、塩、みりん、しょうゆ

<作り方>

(1)たこは足を1本ずつ切り分け、塩小さじ1/2をもみ込んで水で洗い、水けをきる。トマトはへたのまわりに包丁を入れてへたを除く。オクラはがくのまわりをそぎ取る。かぼちゃは1cm厚さのくし形に切る。

(2)鍋に湯を沸かし、トマトを約10秒くぐらせて冷水にとり、皮をむく。同じ湯でオクラをさっとゆで、冷水にとってざるに上げ、水をきる。さらに、しらたきも同じ湯で4~5分ゆでて湯をきる。かぼちゃは耐熱皿に並べてラップをかけ、電子レンジで約5分加熱する。

(3)鍋にだし汁、みりん大さじ2、さつま揚げ、しらたきを入れて火にかける。煮立ったら弱火にし、しょうゆ大さじ1 1/2、塩小さじ1を加えて約5分煮る。

(4)ボウルに移し、たこ、ゆで卵、2の野菜を加え、冷蔵庫で冷やす。

(240kcal、塩分2.1g)

※冷蔵庫で2~3日保存できる。


文=O子