【鍋レシピ】しょうがでポカポカ!シメまで絶品の変わり鍋「ジンジャーブイヤベース」 画像(1/2) 魚介が生み出す、奥行きのある味わいを楽しんで

寒い夜、体をポカポカ温めてくれるのはやっぱり鍋料理! 魚介たっぷりの「ジンジャーブイヤベース」なら、家族から歓声が上がること間違いなしです。おいしさのポイントは、せん切りしょうが。魚介の臭みを取り、体をポカポカ温めます。シメは、うどんがおすすめ。魚介のうまみをたっぷり吸ったうどんのあまりのおいしさに、家族で取り合いになっちゃうかも!?


【ジンジャーブイヤベース】(1人分345Kcal、塩分2.6g)


<材料>(2人分)

するめいか1ぱい、生だら2切れ、えび6尾、里いも3個、長ねぎ1本、カットトマト缶1缶(約400g)、しょうがのせん切り適量、とりガラスープの素小さじ2、ごま油、みそ


<作り方>

(1)里いもは縦半分に切る。ねぎは1.5cm幅の斜め切りにする。いかはわたごと足を引き抜き、わたと軟骨を除いて、胴は1cm幅の輪切りにする。足は2~3本ずつに切り、長いものは長さを半分に切る。たらは3等分に切る。えびは尾と1節分の殻を残してむき、背に切り目を入れて背わたを除く。

(2)鍋にごま油少々を中火で熱し、ねぎ、里いもを炒める。ねぎがしんなりしたら、水3カップ、スープの素、カットトマトを缶汁ごと加え、ふたをして弱めの中火にし、6~7分煮る。

(3)いか、たら、えびを加え、みそ大さじ1/2を溶き入れる。弱火にし、再びふたをして約5分煮る。さっと混ぜ、しょうがをのせる。


残ったスープでうどんを煮込み、魚介のうまみをあますことなく味わって。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

【鍋レシピ】しょうがでポカポカ!シメまで絶品の変わり鍋「ジンジャーブイヤベース」 画像(3/2) 【写真を見る】シメの「しょうがトマトうどん」が、これまた絶品