忙しい週はこれで乗り切る! フライパン一つでパパッと作れる月~金のおかず

#食 
「豚肉とかぶの炒めもの」


今回は、フライパン一つでパパッと作れる月~金のおかずのレシピをご紹介しましょう。取り上げたおかずはどれもボリューム満点なので、晩御飯のおかずにもピッタリ。あらかじめ具材の下ごしらえをしておけば、洗い物の手間を省くこともできますよ。

豚肉とかぶの炒めもの


【材料・2人分】

豚こま切れ肉 200g、長ねぎ 1本、かぶ 2個、かぶの葉 適量、しめじ 1/2パック、塩 小さじ1/3、ごま油 大さじ1/2、しょうゆ 大さじ1

【作り方】

1. 長ねぎは2cm幅の斜め切りに、かぶは葉と切り分けて八つ割りにし、葉適量は3cm長さに切る。しめじはほぐす。豚こま切れ肉は大きければ半分に切り、塩小さじ1/3で下味をつける。

2. フライパンにごま油大さじ1/2を強めの中火で熱し、豚肉としめじを炒める。豚肉に焼き色がついたら、ねぎ、かぶ、かぶの葉を加えて約1分炒める。しょうゆ大さじ1を回し入れてさっと炒める。

(1人分326Kcal、塩分2.4g)

「豚肉とかぶの炒めもの」は、冬に旬を迎えるかぶを葉ごと使用した一品。かぶは葉と切り分けて八つ割りにし、葉はお好みの量を3cmの長さに切りましょう。しょうゆの香ばしい風味が食欲をそそります。

さばのアクアパッツァ


さばは焼くことで風味がアップするので、下味をつける必要もありません。トマトのうまみのおかげで、少ない塩分でもおいしく仕上がります。

さばとトマトのコラボレーション「さばのアクアパッツァ」


とりむね肉のにんにく塩炒め


おつまみとしてもおすすめな「とりむね肉のにんにく塩炒め」ですが、少ない調味料で作れるシンプルさが特徴。とりむね肉は繊維を断つように切ることで、やわらかい食感になりますよ。

「とりむね肉のにんにく塩炒め」


たらのフライパン蒸し


しょうがや長ねぎをきかせれば、たらの生臭さを消して香り高い蒸し物に! たらの切り身はうろこが残っていることが多いので、ていねいに取っていきましょう。

「たらのフライパン蒸し」


豚ひき肉とにらの納豆炒め


ひき肉と納豆は意外な組み合わせですが、実は相性抜群! にらはキッチンバサミを使用して切ると時短になりますよ。

「豚ひき肉とにらの納豆炒め」


フライパン一つで済ませられるレシピはSNSなどで“ワンパン料理”と呼ばれ、近ごろ大きな注目を集めています。コンロを一口しか使わないので、他の料理と並行して作ることもできそうですね。

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)