自分の体は自分で守ろう!自宅でできる「乳がんセルフチェック」

家族のことを考えるあまり、自分の健康を後回しにしていませんか? もしも病気になったときに、つらい思いをするのは家族も同様です。病気を未然に防ぐためにも、今すぐできることから始めてみましょう。乳がんのセルフチェック法を、成城松村クリニック院長の松村圭子先生に教えてもらいました!

【おうちでできるセルフチェック】

まずは自分の体の状態に目を向けることからスタート。今すぐできるセルフチェックの方法を紹介します。

<乳房の状態をチェック>

乳がんは早期発見すれば治癒率は9 割以上といわれ、それにはセルフチェックが有効。定期的に自分で乳房に触り、目で確かめる習慣をつけると、変化や異常にいち早く気づくことができます。生理が終わったあとのタイミングで、下の項目を参考に、月に1 回のペースで実践を。

●チェック編

□乳房にくぼみやひきつれ、乳首のへこみ、変色、湿疹のようなただれがないか

□乳房の内側、外側、わきの下にしこりがないか

□乳首から、薄い黄色や血が混じったような分泌物が出ないか

●アクション編

・鏡の前に立ち、腕を上げたり、下げたりして、乳房や乳首の状態を目で見てチェック。

・4本の指先で「の」の字を描きながら、乳房全体、わきの下を触って確認する。

・指で乳首をつまむ。キュッと軽く絞って分泌物が出ないか調べる。

・あおむけになり腕を上げ、指先で乳房、わきの下を触る。背中に枕を敷くとやりやすい。

ぜひ、生理後の習慣にして!

【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】