コトコト煮込んであっつあつ! 煮込みハンバーグレシピ5選 画像(1/5) 「トマト煮込みハンバーグ」 レタスクラブニュースより

「嫌いな人はいない」と言っても過言ではない人気料理のハンバーグ。定番のチャップやチーズ、すりおろし大根など様々な味つけのレシピが登場しています。その中でも今回は煮込みハンバーグ5選をご紹介。じっくりと煮込むことでお肉の旨味を引き出すことができますよ。

【トマト煮込みハンバーグ】(1人分500Kcal、塩分2.9g)

<材料・作りやすい分量>ハンバーグだね(合いびき肉 500g、溶き卵 1個分、玉ねぎのみじん切り 1/2個分、パン粉 1/2カップ、塩 小さじ1/2、ナツメグ・こしょう 各少々、水 大さじ2)、しめじ 1パック(約100g)、黄パプリカ 1/2個、玉ねぎの縦薄切り 1/2個分、ホールトマト缶 1缶(約400g)、ブイヨン(顆粒スープの素 小さじ1、塩 小さじ1/2、こしょう 少々、水 1カップ)、サラダ油

<作り方>

1. ハンバーグだねを作る。ボウルにパン粉、塩、ナツメグ、こしょう、水を入れてなじむまで混ぜ合わせ、残りの材料を加えてよく練り混ぜる。6等分にし、小判形にまとめる。

2. しめじは小房に分け、パプリカは縦薄切りにする。

3. フライパンに油大さじ1/2を熱し、1を並べ入れる。表面に焼き色がつくまで片面1~2分ずつ焼き、いったん取り出す。

4. フライパンに残った焦げが気になるようならペーパータオルで拭き取り(油は残しておく)、玉ねぎを入れて弱めの中火で1~2分、しんなりするまで炒める。2を加え、中火にして炒め合わせ、油がまわったらホールトマトを缶汁ごと加えて木べらで潰し、ブイヨンを加える。

5. 煮立ってから1~2分煮て3を戻し入れ、弱火にして、ハンバーグに火が通るまで3~4分煮る(竹串を刺してみて、透き通った肉汁が出ればよい)。

ハンバーグに欠かせないのが玉ねぎ。みじん切りにするだけではなく、大きくカットして食感を楽しんでみたりソースに活用すれば、さらに玉ねぎの甘みを感じることができます。


【春野菜煮込みハンバーグ】

ハンバーグだねにすりおろした玉ねぎをプラス。ソースにもおろし玉ねぎが使われているので、甘くてやさしい味わいに仕上がります。

コトコト煮込んであっつあつ! 煮込みハンバーグレシピ5選 画像(3/5) 「春野菜煮込みハンバーグ」 レタスクラブニュースより

【ポン酢クリーム煮込みハンバーグ】

ポン酢と生クリームを合わせた和洋コラボソース。すっきりとしたクリームがとり肉によく合います。

コトコト煮込んであっつあつ! 煮込みハンバーグレシピ5選 画像(6/5) 「ポン酢クリーム煮込みハンバーグ」 レタスクラブニュースより

【和風みそ煮込みビッグバーグ】

お肉&煮汁にみそを加えて和風に仕上げてみましょう。お肉にはるさめやささがきごぼうを使えば、さらにボリュームアップ!

コトコト煮込んであっつあつ! 煮込みハンバーグレシピ5選 画像(10/5) 「和風みそ煮込みビッグバーグ」 レタスクラブニュースより

【デミ煮込みハンバーグ】

ドミグラスソース缶を使ったお手軽料理。かくし味にしょうゆを使えば、味がまとまりますよ。

コトコト煮込んであっつあつ! 煮込みハンバーグレシピ5選 画像(15/5) 「デミ煮込みハンバーグ」 レタスクラブニュースより

煮込み作業までやっておけば、後は食べたい時にあたため直すだけでOK。帰りが遅い家族がいても、煮込みハンバーグなら温かい料理を食べてもらうことができますね。

【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】