不採用を確信していた大手不動産会社。適正審査を受けに行くと、まさかの地下送り?!/丸の内で就職したら、幽霊物件担当でした。1(3)

#趣味 
適正審査を受けに行くと、案内されたのは地下…?

『丸の内で就職したら、幽霊物件担当でした。1』3回【全11回】

「面接官は何人いる?」本命の一流不動産会社の最終面接で聞かれたのは、誰でも応えられる簡単な質問。大学生の新垣 澪(しんがき みお)は視(み)えている通り「4人」と答えるも、実際の面接官は3人――。
事故物件を扱う「第六物件管理部」の部長・長崎次郎は、澪に霊感があることを見抜き、内定をかけた最終審査を受けさせることに。審査内容は、訳ありな事故物件に一晩泊まり込んで原因を突き止めること。審査会場のアパートは入るやいなや心霊現象のオンパレード…果たして澪の運命は!?
『丸の内で就職したら、幽霊物件担当でした。1』(KADOKAWA)を11回連載でお送りします。今回は第3回です。

※本作品は原作 竹村優希、漫画 佐茂すけ、キャラクター原案 カズアキの書籍『丸の内で就職したら、幽霊物件担当でした。1 』から一部抜粋・編集しました

なんで私またここにいるんだろ

この記事に共感したら

Information

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //