変わりばえのない毎日に、光が差し込んで/ランジェリー・ブルース 第2話(3)

#趣味   
すごい!私そんなすごい人に 下着を選んでもらえたんですね!

『ランジェリー・ブルース』第2話(3)


34歳、派遣社員の深津ケイ。派遣の契約満了間近の日々と、7年付き合っているけど『結婚』を言い出さない彼氏…これから先もずっとこの生活が続くのかと悩んでいた彼女は、ある下着店での一枚の下着との出会いから、新たな人生のステップに進みます。
『いってらっしゃいのその後で』『君の心に火がついて』の著者・ツルリンゴスターさんの新作『ランジェリー・ブルース』が登場!人生を変える「出会い」を通して、主人公の成長を描きます。

同僚のすすめで下着店を訪れたケイ。高級店のような内装と威圧感のあるスタッフの出迎えに怖気付くものの、導かれるようなマンツーマンのフィッティングに心を奪われます。まさに運命と呼べる下着との出会いを果たした彼女は、帰り際に見た販売員募集の張り紙から転職を決意して…。

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //