つるんといくらでも食べられそう!? あっさり味が絶品の水餃子5選 画像(1/5) 「白菜たっぷり水餃子」 レタスクラブニュースより

皮がパリッとした焼き餃子もおいしいですが、もっちりした水餃子も魅力的。具材に旬の野菜を入れたり、体があたたまるピリ辛味に仕上げれば、今の時期にぴったりのおかずになります。水餃子はさらりと食べられるものばかりなので、家族みんなでいくらでも食べられちゃうかも。多めに作っておくのがおすすめですよ。

 

【白菜たっぷり水餃子】(254Kcal、塩分1.6g)

<材料・2人分>

白菜 1/6株、豚ひき肉 60g、にら 3本、しょうがのせん切り 適宜、餃子の皮 16枚、とりガラスープの素 小さじ1/2、塩、こしょう、ごま油、酒、酢、しょうゆ

<作り方>

1. 白菜は縦半分に切る。半量は葉と軸を切り分ける。熱湯に軸から入れて6 ~7分ゆで、しんなりしたら葉を加え、約3分ゆでる。しんなりしたらざるにあけ、湯をきってさます。水けを絞り、細かく刻む。残りの半量は3cm長さのざく切りにする。にんにくは小口切りにする。

2. ボウルにひき肉、塩小さじ1/4、こしょう少々を入れて混ぜる。刻んだ白菜を水けをさらにしっかり絞って加え、よく混ぜてなじませる。にら、ごま油小さじ1/2を加えて、ざっと混ぜる。水けを絞った白菜をたっぷりあんに入れれば、少量のひき肉でも食べごたえ充分。

3. 餃子の皮1枚に2を1/16量のせ、縁に水をつけて包む。同様にあと15個作る。

4. 鍋に水3カップ、酒大さじ1を入れて火にかける。煮立ったらスープの素、ざく切りにした白菜を加えて6~7分煮る。

5. 白菜がやわらかくなったら3を加え、3~4分煮る。汁ごと器に盛り、酢、しょうゆ各適宜を混ぜ、しょうがを加えて添える。

白菜の水けが残っているとあんの味が落ちるので、水けは念入りに絞りましょう。真冬にかけて最盛期を迎える白菜をたっぷりと使ったメニューは、これからのシーズンに大活躍しそう。

 

【キムチ水餃子ねぎにらソース】

白菜キムチをあんの調味料代わりに使います。生のにらで作る風味豊かなソースをかけて召し上がれ。

つるんといくらでも食べられそう!? あっさり味が絶品の水餃子5選 画像(3/5) 「キムチ水餃子ねぎにらソース」 レタスクラブニュースより

 

【ボリュームしょうが水餃子】

あんに豆腐をまぜてふんわり軽い口当たりに。餃子をゆでるお湯にはごま油と酒を加えて香りよく仕上げます。

つるんといくらでも食べられそう!? あっさり味が絶品の水餃子5選 画像(6/5) 「ボリュームしょうが水餃子」 レタスクラブニュースより

 

【水餃子の帆立あんかけ】

帆立は缶詰のものを利用するので手間なし。缶詰は缶汁ごと使い、帆立のうまみをまるごと味わいましょう。

つるんといくらでも食べられそう!? あっさり味が絶品の水餃子5選 画像(10/5) 「水餃子の帆立あんかけ」 レタスクラブニュースより

 

【かきの水餃子】

かきの濃厚な味わいを楽しめる水餃子です。長ねぎと豆板醤入りのたれがかきとベストマッチ。

つるんといくらでも食べられそう!? あっさり味が絶品の水餃子5選 画像(15/5) 「かきの水餃子」 レタスクラブニュースより

 

水餃子は晩ごはんのおかずとしてはもちろん、おつまみにも使えます。パーティーが増えるこれからの時期、おもてなし料理としても便利ですよ。