時短調理でも味がしみしみ! すき焼き風の肉豆腐5選 画像(1/5) 「きのこ肉豆腐」

肉を存分に堪能できる“すき焼き”。お祝いやイベントなど特別な日の主役として登場することが多いですが、たまには普段の食卓でも味わってみませんか? 今回は砂糖としょうゆで作るすき焼き風の肉豆腐5選を紹介。短い調理時間でも味がしみ込むので、時短料理としても活用できますよ。


きのこ肉豆腐

【材料・2人分】

えのきたけ 1袋、しめじ 1パック、しいたけ 1パック、牛切り落とし肉 200g、もめん豆腐 1丁(約300g)、長ねぎ 1本、煮汁(しょうゆ、みりん、酒 各大さじ3、砂糖 大さじ1と1/2、水 130ml)

【作り方】

1. えのきたけはほぐし、しめじは小房に分ける。しいたけは半分に切る。ねぎは1.5cm幅の斜め切りにする。豆腐は食べやすい大きさに切る。

2. 鍋に煮汁の材料を入れて火にかけ、煮立ったらねぎを入れて煮る。しんなりしたらいったんねぎを取り出す。

3. 2の鍋に牛肉を少しずつほぐしながら入れ、肉の色が変わったら端に寄せ、1のしいたけ、えのきたけ、しめじ、豆腐を加えて煮る。煮汁を吸わせながら煮て。

4. ひと煮立ちしたら2のねぎを戻し入れ、豆腐に味がしみるまで時々上下を返しながら2~3分煮る。

(1人分523Kcal、塩分2.7g)

えのきたけやしいたけなど、さまざまな種類のきのこを使用した肉豆腐。肉ときのこから出ただし汁を豆腐がたっぷりと吸い上げてくれるので、最後までおいしく食べられます。また長ねぎには肉の臭みを消す働きがあるので、まるまる1本使いきりましょう。


肉豆腐

もめん豆腐・長ねぎ・牛肉のシンプルな1品。豆腐は調理前にペーパータオルに包んでおいて、余分な水分をきってくださいね。

時短調理でも味がしみしみ! すき焼き風の肉豆腐5選 画像(3/5) 長ねぎの甘みがたまらない!「肉豆腐」

きのこ肉豆腐

食べやすいサイズにカットした具材と調味料を鍋にIN! 後は弱火で煮込めばOKなので、手間が少ないのもうれしいポイントです。

時短調理でも味がしみしみ! すき焼き風の肉豆腐5選 画像(6/5) 「きのこ肉豆腐」

うまみ肉豆腐

最初に牛肉を炒めることで、肉のうまみが出やすくなります。すき焼きのように卵にくぐらせて食べても◎。

時短調理でも味がしみしみ! すき焼き風の肉豆腐5選 画像(10/5) 「うまみ肉豆腐」

やわらか肉豆腐

豆腐のなめらかな食感を楽しむために絹ごし豆腐を採用。野菜も入れて、やさしいテイストに仕上げましょう。

時短調理でも味がしみしみ! すき焼き風の肉豆腐5選 画像(15/5) 「やわらか肉豆腐」

肉豆腐に欠かせない牛肉は、きめが細かくつやと弾力があるものがおすすめ。黒く変色したものは品質が劣りますが、空気に触れていない部分が暗褐色になっていても問題はありません。購入する際は参考にしてくださいね。