やっぱり相性バツグン! たっぷりきのこで食べるジューシーハンバーグ5選 画像(1/5) 「煮込みハンバーグ」

抜群の食べ応えで、大人も子どもも大好きなハンバーグ。大根おろしやチーズなど、トッピングにさまざまなバリエーションがあるのもうれしいポイントですよね。そこで今回は、きのこで食べるハンバーグ5選をご紹介。風味豊かなきのことジューシーな肉が相性ばっちりで、何個も食べたくなってしまいそうです。


煮込みハンバーグ

【材料・2人分】

ミートローフ([作りやすい分量・幅7~8×長さ15cmのもの2本分]豚ひき肉 400g、ベーコン 4枚[約60g]、ウインナソーセージ 8本[約120g]、卵 1個、牛乳 1/2カップ、玉ねぎのみじん切り 1個分、バター、パン粉、塩、こしょう、サラダ油)、煮込みハンバーグ(ミートローフ 1/3本[でき上がり分より使う]、マッシュルーム 4個、しいたけ 2枚、しめじ 1/2パック[約50g]、玉ねぎの薄切り 1/2個分)、ソース(白ワイン[または酒] 大さじ4、トマトケチャップ 大さじ3、みりん 大さじ1と1/2、ウスターソース 大さじ1/2、しょうゆ 小さじ1/2)、パセリのみじん切り 少々、バター

【下ごしらえ】

1. フライパンミートローフを作る。玉ねぎは耐熱皿に入れてバター大さじ1をのせ、ラップをかけて電子レンジで約3分加熱する。取り出して混ぜ、ラップをかけて粗熱をとる。ベーコンはみじん切り、ソーセージは1cm幅に切る。

2. ボウルにパン粉2カップ、牛乳を入れてふやかし、卵を割り入れ、玉ねぎ、ひき肉、ベーコン、塩小さじ1を入れ、粘りが出るまでよく混ぜる。こしょう少々、ソーセージを加えて混ぜる。等分し、手に水をつけながら、幅7~8×長さ15cmのなまこ形を2本作る。ひき肉だけでなく、ベーコン、ソーセージを加えて、肉感をアップさせる。

3. フライパンに油大さじ1を熱し、2を並べ入れ、2~3分焼く。焼き目がついたら返し、ふたをしてごく弱火で15~20分蒸し焼きにする。竹串を刺して透き通った肉汁が出ればよい。フライパンで焼き目をつけてそのまま蒸し焼きにするので、手軽に作れる。

4. 粗熱が取れたら、切らずに空気が入らないようにラップでぴったりと包み、保存袋に入れ、冷蔵で4~5日間もつ。

【作り方】

1. マッシュルームは半分に切り、しいたけは四つ切りにし、しめじは小房に分ける。ミートローフは半分に切る。

2. フライパンにバター大さじ1を溶かし、玉ねぎを2~3分炒める。しんなりしたら1のきのこを加えて炒め、全体に油がまわったらソースを加える。煮立ったらミートローフを加え、時時ソースをかけながら2~3分煮る。器に盛り、パセリをふる。

(1人分311Kcal、塩分2.4g)

じっくり煮込んだようなおいしさを味わえる1品です。ミートローフは暇なときに作り置きしておくのがおすすめ。ミートローフがあれば、あとは野菜を炒めてソースを作るだけなので、あっという間に完成しますよ。


お米入り煮込みバーグ

米を加えた新しい発想のハンバーグ。米のプチプチとした食感がよいアクセントになっています。

やっぱり相性バツグン! たっぷりきのこで食べるジューシーハンバーグ5選 画像(3/5) 野菜もたくさん食べられる「お米入り煮込みバーグ」

煮込みハンバーグ

トマトケチャップにみそをプラスして、奥深いトマトソースに仕立てましょう。赤ワインがない場合は酒を使ってもOK。

やっぱり相性バツグン! たっぷりきのこで食べるジューシーハンバーグ5選 画像(6/5) 「煮込みハンバーグ」

ダブルきのこハンバーグ

自家製のきのこソースが絶品。ハンバーグだねの中にもしめじを入れているので、きのこ好きにはたまりません。

やっぱり相性バツグン! たっぷりきのこで食べるジューシーハンバーグ5選 画像(10/5) 「ダブルきのこハンバーグ」

きのこソースハンバーグ

とろみのついたクリームソースが美味。物足りなさを感じた場合は、塩で味をととのえてくださいね。

やっぱり相性バツグン! たっぷりきのこで食べるジューシーハンバーグ5選 画像(15/5) 「きのこソースハンバーグ」

成形した肉だねは手の平で交互に打ちつけ、肉の中の空気を抜きます。空気を抜かずに加熱すると空洞ができたり形がくずれてしまうので、忘れずに行いましょう。