ずーっと私のことを好きでいてくれる、一途な幼なじみ男子、『君に届け』の龍/【連載】このイケメン(マンガ男子)を見よ!(8)

主人公の「貞子」こと爽子が爽やか男子の風早くんに初恋をするお話、『君に届け』。ですが、今回おすすめする男子は、風早くんではなく、その友だちの真田龍(あえて呼び捨て)!

野球部。故に丸刈り。無口。ちょっとぼーっとしてる。正直。無骨。そして……一途! 

龍が好きなのは、ボーイッシュな千鶴ちゃん。龍とは男兄弟みたいに育った幼なじみどうしです。高校生になっても、千鶴は龍に異性としての意識ゼロ。なぜなら彼女は、龍の兄・徹のことが好きだから! 龍もそれを知っています。でも、揺るがない。ただ、見守っている。で、徹に振られた千鶴に肩を貸して、泣かせてあげる。

でも彼は、ただのおひとよしではありません。要所要所で、ちゃんと男を見せるのです。龍に好きな子がいる、と聞いて動揺する千鶴に「千鶴が ちょっとでも俺のすきな奴を気にしてんのが ……うれしかったんだよ」からの「俺がすきなのは ずっと千鶴だよ」とどストレートな告白! 今までの兄弟みたいな関係が終わる!と泣く千鶴に「終わらせろ!」と急に命令形! で、クリスマスにピンクのバラのプリザーブドフラワーを「千鶴みたいじゃない?」とプレゼント! 無骨キャラじゃなかったっけ!?とツッコミたくなりますが、ストレートな愛情表現はむしろ素直さゆえ。照れずに、思ったことだけいうし、やるのです。千鶴もついに「生まれて初めて龍にドキドキしてんの……」と白旗宣言。もー! ドキドキするの遅いよ!! 

自分のいいところもダメなところも理解していて、ほかの男を好きでも、ずーっと自分を好きでいてくれる――。幼なじみ男子、いい! でも今からは作れないというこの事実。ああ、作っとけばよかった!!


【今回のイケメン】『君に届け』の龍

写真右の丸刈り男子が龍、左が幼なじみの千鶴。二人とも高校生とは思えぬ、達観したような横顔です。それまで男として意識していなかったのに、急にドキドキが止まらなくなる、なんていうのも幼なじみ同士ならでは。大人の女性読者は、連載当初から風早くん派(だってさわやか過ぎるんだもの)より龍派が多かったかも?


※このコラムは『レタスクラブ』2013.6.10売り号に掲載されたものです。