期間限定ガラスびんカフェが表参道にオープン

「ガラスびん」は透き通ったフォルムとひんやりすべすべの手触りが魅力。つい集めてしまう人も多いのではないだろうか? そんなガラスびんの魅力を堪能できるおしゃれカフェが、表参道に期間限定でオープンした。

東京都渋谷区の「hanami 表参道」にて、日本ガラスびん協会主催のフラッグシップカフェ「びんむすめギャラリー with Glass Bottle Cafe」が12月15日まで期間限定で開かれている。ガラスびんの魅力を体感してほしいというコンセプトのこのカフェでは、なんと60種類ものガラスびん入りメニューが用意されている。

一躍ブームとなった「ジャーサラダ」や「ジャーケーキ」各種では、色鮮やかな野菜やフルーツの色彩をビン越しに楽しめる。ドリンクメニューは、ガラスびんに入った国産飲料でアルコールもあり。グラスで注文すれば、目の前でビンからグラスにサーブしてくれる。

店舗は青と白で統一された中に、ビタミンカラーのオレンジがアクセントとなるカラーリング。ガラスびんの透明感があって爽やかなイメージに沿った、ホッと癒される空間になっている。また店舗の内と外には、日本各地の「ガラスびん」と「びんむすめ(びんにたずさわる地元の看板娘たち)」の写真がギャラリー風に飾られている。

さらに、期間中の土・日・祭日は、来店者全員にガラスびん入り飲料をプレゼント! 中身は当日までのお楽しみとなる。

光を受けてキラキラ輝くガラスびんに囲まれた、癒しのカフェタイムを過ごしに出かけてみては? 【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】