【ダイエットレシピ】減量中もストレスなし!食べごたえアリな低カロトマト鍋 画像(1/2) やわらかくジューシーな大根と、トマトの相性がピッタリ
やわらかくジューシーな大根と、トマトの相性がピッタリ

調理=小林まさみ 撮影=白根正治

「ダイエットはしたいけど、おいしいものをお腹いっぱい食べたい!」というオンナ心を満足させる、おいしくて食べごたえバッチリな低カロ鍋をご紹介。「大根と豚のトマト鍋」は、とろとろ大根に豚肉と野菜のうまみがじんわり染みたトマト味の洋風鍋。おいしさ&ダイエットのポイントは、大根の切り方にあり。乱切りにすると断面がたくさんできるので味のしみこみがよくなり、食べごたえのある食感と味わいに仕上がります。


【大根と豚のトマト鍋】(1人分260Kcal、塩分1.2g)


<材料>(2~3人分)

大根1/2本、豚肩ロース薄切り肉150g、キャベツ3枚(約200g)、エリンギ1パック(約100g)、玉ねぎ1/2個、にんにく1片、カットトマト缶1缶(約400g)、米少々、顆粒スープの素小さじ1、塩、粗びき黒こしょう、オリーブ油、しょうゆ


<作り方>

(1)大根は厚めに皮をむき、乱切りのように包丁を途中まで斜めに入れて倒し、一口大よりやや大きめに割る。鍋に入れてかぶるくらいまで水を注ぎ、米を加えて火にかける。沸騰したらふたをし、弱火で約20分煮る。菜箸がスーッと通るくらいまでやわらかくなったら湯をきって洗い、土鍋に入れる。

【ダイエットレシピ】減量中もストレスなし!食べごたえアリな低カロトマト鍋 画像(3/2) 【写真を見る】大根は断面が複雑になるように切ると、食べごたえのある食感になり、肉の量が少なくても満足感のある仕上がりに
【写真を見る】大根は断面が複雑になるように切ると、食べごたえのある食感になり、肉の量が少なくても満足感のある仕上がりに

調理=小林まさみ 撮影=白根正治


(2)豚肉は一口大に切って塩、こしょう各少々をふる。キャベツは一口大に切り、エリンギは縦に食べやすい太さに裂く。玉ねぎは縦薄切りにし、にんにくは包丁の腹でつぶす。

(3)大きめのフライパンにオリーブ油大さじ1、玉ねぎ、にんにくを入れて火にかける。しんなりするまで炒めたらカットトマトを缶汁ごと加え、スープの素、水1カップも加えて煮立たせ、1の土鍋に入れる。

(4)土鍋を火にかけてひと煮立ちしたら弱火にし、約10分煮る。しょうゆ小さじ1を加えて、塩、こしょうで味をととのえ、2の豚肉をところどころに入れる。豚肉の色が変わったら、2のキャベツ、エリンギを加え、こしょうをたっぷりふる。好みで大根の葉を最後に加えても。


大根は米と一緒に下ゆですると、アクが取れ、柔らかく煮えるのでぜひおためしを。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】