海鮮八宝菜風炒め

海鮮八宝菜風炒め

とろみをつければ、味がしっかりからまる

カロリー
272kcal
塩分
2.2g
調理時間
20
カテゴリ:
野菜のおかず > 野菜の炒め煮 > 八宝菜
ジャンル:
中華風
プロ料理家:
藤野嘉子
撮影:
山本明義

材料(2人分)

えび(中)…6尾

冷凍ロールいか…100g

下味用

 ・酒…大さじ1

 ・塩…少々

 ・片栗粉…小さじ2

白菜…2枚(約200g)

玉ねぎ…1/2個

にんじん…1/3本

生しいたけ…2枚

長ねぎ…5cm

しょうがの薄切り…2枚

中華スープ(中華スープの素を溶かして)…2/3カップ

水溶き片栗粉(片栗粉小さじ2+水小さじ2)

・塩、酒、しょうゆ、こしょう、サラダ油

作り方

1.

えびは背わたを除いて殻をむき、塩少々をふってもみ、水洗いし、ペーパータオルなどでよく水けを取る。下味用の調味料の半量をふってもむ。いかは解凍し、表側に5mm間隔の斜め格子状に切り目を入れる。1.5×3cmの短冊形に切り、残りの下味用の調味料をふってもむ。フライパンに湯を沸かして塩、酒各少々を加え、えびといかを入れてさっと湯通しし、ざるに上げて湯をきる。

えびは片栗粉をまぶすと味が逃げにくい。いかは切り目を入れるとかみ切りやすく、また味がからみやすくなる。さっと湯に通すと味が逃げにくくなり“油通し”の代わりで油に通すよりさっぱりと仕上がりカロリーも低くなる。

2.

白菜は厚い軸の部分を三角形に切り離し、葉はざく切りに、軸は3cm幅のそぎ切りにする。玉ねぎは1cm厚さのくし形切りに、にんじんは皮をむいて3cm長さの短冊切りにし、しいたけは軸を切り落として薄切りにする。ねぎは細切りにする。

野菜は、火の通りやすさや、食べたときの食感を考えて、大きさをだいたいそろえて切る。

3.

フライパンの水けをふいてサラダ油大さじ2を入れ、ねぎとしょうがを炒める。香りが出たら、白菜の軸、にんじん、しいたけを加えて炒め、油がまわったら玉ねぎを加えて炒め、しんなりしたら、白菜の葉と、最後にえびといかを加え、炒め合わせる。

ねぎとしょうがを炒めて香りが出たら、野菜を加え、加熱しすぎるとかたくなるえびといかは最後に加える。

4.
片栗粉を加えたら一度煮立たせて片栗粉にきちんと火を通す

片栗粉を加えたら一度煮立たせて片栗粉にきちんと火を通す

酒大さじ1、しょうゆ大さじ1/2を鍋肌から回し入れ、こしょう少々をふり、スープを注いで1~2分煮る。しっかりと煮立ったら水溶き片栗粉を加えて混ぜ、再び煮立ったら火を止める。

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。

マイページに登録しました

レシピに戻る マイページへ
X