「料理の効率」と「見た目の美しさ」を同時にアップさせる冷蔵庫収納法
美しく、出し入れしやすく収納されているミセス美香さんの冷蔵庫

撮影=飯貝拓司

新生活が始まって何かと気ぜわしい春。買い物のあと、買った食材をどんなふうに冷蔵庫に収納していますか? 使い忘れなどのムダを防ぎ、料理の効率が上がる冷蔵庫の収納のコツを、ミセス美香さんに教えてもらいました。


冷蔵庫に食材を収納するときは、種類別、目的別にトレイで分類することが、取り出しやすくなるうえに、見栄えもよくなるコツとか。冷蔵庫の奥行きが最大限生かせるトレイを使うと便利です。「私は“朝食セット”“大豆製品”“残り物”などに分けています。これだと使うときに迷わず取り出せるうえ、冷蔵庫を開ける時間が減って節電に。トレイに乗せれば、掃除もラクです」と美香さん。


収納場所に困る使いかけのチューブ入り調味料は、冷蔵庫の引き出しに寝かせて、が定位置とか。「扉裏などの目立つ場所に使いかけのケチャップやマヨネーズが見えるのは、あまり美しくないと思うので、さりげなく隠しつつ収納しています」。


瓶入りの調味料などは、透明でシンプルな瓶に移し替えてストック。「このひと手間を惜しまないことで、見た目も美しくなり、残量も一目で分かるのでムダがなくなります」。


また、庫内に空の棚を1段つくっておくことも大事だそう。「棚に空きがあれば、いただき物があったときや、残ったおかずを鍋ごとしまうときにも便利。見た目もすっきりです」。ぜひ新生活スタートのこの時期に冷蔵庫の整理をしてみてくださいね。

【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】