レシピ 「せり」のレシピ

せりを使ったレシピです。おいしくて簡単に作れるおすすめレシピの作り方をまとめてご紹介します。簡単で本格的! 全てプロの料理家によるせりのレシピです。

絞り込み検索

おかず/お菓子

条件を指定

調理時間

カロリー

ジャンル

苦手な食材(使わない食材)

使う食材

カテゴリ検索
野菜その他を使ったレシピ

もっと見る

(せり)

せりの基本情報

せり
撮影:原 ヒデトシ

せりの特徴

春の七草の一つであるせりは、数少ない日本原産の野菜の一つ。冬から春のはざまに旬を迎え、栽培種だけでなく、湧水のある湿地に自生する野生のものも利用されます。
一般に「せり」として流通しているのは、茎の長い栽培種(画像のもの)で、「長ぜり」「水ぜり」「栽培せり」とも呼ばれます。茎が短かく、田のあぜや河川の土手などに自生するものは「田ぜり」「野ぜり」と呼ばれ、栽培種より香りが強いのが特徴です。
また、栽培種には、京都の「京せり」、金沢の「加賀ぜり」、熊本の「水前寺せり」など、日本各地で伝統野菜として栽培されているものもあります。
汁ものの具、おひたし、あえもの、炒めもの、天ぷら、すき焼きやきりたんぽ鍋などの鍋ものなどにして、独特の香りを生かしながら、加熱をしても残るシャキシャキとした歯ごたえを楽しんで。

せりの選び方ガイド

葉の緑色が鮮やかで、葉先から根元までピンとしているものを。茎が太いものは、かたいこともあるので注意を。
保存する場合は、せりに根がついていれば、水でぬらした紙で根を包み、新聞紙などで全体をおおって、ポリ袋に入れて冷蔵庫へ。

せりの旬 せりの栄養 せりの扱い方