「黒子のバスケ」あの人気キャラがテーマパークをエスコートしてくれるキャンペーン開始

春休みも間近ということで、今週末から来週末にかけてなんと30作品以上もの映画が封切られるため、巷ではさまざまな映画のキャンペーンが花盛り。

定番のスタンプラリーも、現在JR東海が、恒例の「ドラえもん」と「名探偵コナン」を実施中ですが、東京メトロでも、昨日より「劇場版 黒子のバスケ LAST GAME」の公開を記念したスタンプラリーを開始しました。

『黒子のバスケ』は少年ジャンプで連載されていた藤巻忠俊氏によるバスケットボール漫画で、コミックスは累計3000万部を突破、TVアニメ化や映画化、舞台化もされ、大変人気のある作品。登場人物キャラクターがみんな個性的でかっこよく、女性ファンも多い作品として知られています。

今回のスタンプラリーでスタンプが置いてあるのは東京メトロ秋葉原駅などを含んだ計7駅。東京メトロの各駅に置いてあるリーフレットに、スタンプを4駅分もしくは7駅分集めて郵送で応募すれば、抽選で320名に黒子のバスケに関連する賞品が当たります。

A賞の賞品は、少年ジャンプのテーマパーク「J-WORLD TOKYO」の園内をグリーティングキャラクターである黒子と赤司が案内してくれるというスペシャルなもの。黒子のバスケで人気のある主人公・黒子とキセキの世代の一人・赤司にテーマパークを案内してもらえるなんて、黒子のバスケファンには夢のようですよね。

他にも黒子のバスケのBlu-rayセットやキャラクターグッズなど、ファンにはとってもうれしい賞品がいっぱい。黒子のバスケファンは必見の内容のスタンプラリー、春休みの思い出づくりにコンプリートしてみてはいかがでしょうか?

【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】