なぜ私を捨てたの?私お母さんのこと何もしらないから、お母さんの話も聞きたい/母親に捨てられて残された子どもの話(12)

#くらし 
中学生の私が一人で生きていけるわけがない

『母親に捨てられて残された子どもの話』12話【全15話】


母親がいない少女・ゆきは、父親と祖母の三人暮らし。家庭のぬくもりなど感じられない家の中で、いつもひとり孤独でした。中学3年生になったゆきは、徐々に母親に想いを馳せるようになります。そんなある日、ふとしたことから祖母から母に関する衝撃の事実を知らされて…?
親の愛情を知らずに育ったある少女の体験を元に、彼女の葛藤と成長を描いたコミックエッセイ『母親に捨てられて残された子どもの話』。家族の愛情について考えさせられるこの作品から、『なぜ私を捨てたの?私お母さんのこと何もしらないから、お母さんの話も聞きたい』のエピソードをお送りします。

※本作品は菊屋きく子著の書籍『母親に捨てられて残された子どもの話』から一部抜粋・編集しました

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)