ゆるワーキング先輩ママに聞く「私はこうやって仕事と家事を楽しく両立させています!」
ゆるワーキング先輩ママたちは、どうやって仕事と家事を両立させている?

子どもがいても、家事と仕事を楽しく両立させているママたちはたくさん! どうやっているのか、『レタスクラブ』読者の働くママたちにコツを教えてもらいました。また、子どもを預けて働く不安については、認定NPO法人あっとほーむ代表の小栗ショウコさんがアドバイス! 「働きたい」と思いながら不安だったり、悩んでいることの答えがここにあるかも!?


●食事の作り置きはもちろん、掃除や洗濯はこまめにやっています。(神奈川県 Y・Tさん)

●何でも早めに行動しています。(愛知県 S・Mさん)

●みそ汁などは2日にわたって食べています。夕食のおかずを多めに作って冷凍し、後日のお弁当に回したり。(神奈川県 M・Yさん)

●無理のない程度に働くのが一番!(東京都 T・Yさん)

●旦那さんと家事・育児を分担しています。(神奈川県 Y・Kさん)

●ストレスをためない。(神奈川県 M・Yさん)

●帰宅が遅くなる日は、夕飯を作ってから仕事に出かけています。(群馬県 U・Tさん)

●掃除などは休日に。(広島県 T・Mさん)

●洗濯は前日の夜に終わらせておく。(愛知県 O・Sさん)

●働き始めて1カ月はバタつくけれど、自分のペースをつかめば両立は可能。焦らない!(神奈川県 Y・Tさん)

●ネットスーパーを利用して、買い物は時短。(千葉県 M・Rさん)

●頼れるものには頼る。(愛知県 K・Kさん)

●手抜きできることは、手抜きすべし!(東京都 H・Yさん)

●朝早く起きて大体の掃除をしています。買い物は休日にまとめて。(神奈川県 K・Nさん)

●帰宅後バタバタしないように、夕食の下準備を朝のうちにすませています。(愛知県 T・Mさん)


<小栗さん’Sアドバイス>

●周りを味方につけよう!

子育てしながら働くうえで大切なのは、子どもに自分をかわいそうと思わせないこと。預け先が必要な場合は、子どもの不安をあおらずに支援してくれる人を探しましょう。そして、その人たちに自分の仕事を説明し、同時に勤務先では同僚に子どもの写真を見せるなどして、味方をつくって。子どもが病気になったときも「え!? あの子が」と助けてくれる人を一人でも増やしておけば安心です。


無理せず、ゆるく仕事と家事を両立させている“ゆるワーキング先輩ママ”の工夫、いかがでしたか? これなら私もできそう!とパワーや勇気がわいてきた人も多いのでは? 子どもに関する不安も、小栗さんのアドバイスをぜひ参考にしてくださいね。


【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】