食事後、席でつま楊枝を使わない配慮を。さっとお手入れしたい時の対処法

#くらし   
席でつま楊枝は使わない

『40歳までに知らないと恥をかく できる大人のマナー260』 6回【全30回】


会食、近所や親戚付き合い、冠婚葬祭、お金と贈答…。日常のさまざまなシーンで、何が正解か迷ったことはありませんか?
そんなシチュエーションに備えて、エチケットを学んでおきたいものです。
今回はいざというときに迷わない、「大人」の基本満載のマナーをご紹介します。

席でつま楊枝は使わない


年配の方など、食事の後にシーハーと口を鳴らしている姿が見受けられます。加齢とともに歯ぐきがやせて、ものが詰まりやすくなりますから、取ろうとすると音が出てしまいます。

つま楊枝でさっとお手入れしたほうがスマートですから、卓上につま楊枝があるのは、ありがたい配慮ともいえますが、使っている様子は美しくありません。席に置いてあるものですから、その場で使ってもマナー違反ではありませんが、つま楊枝を持ってパウダールームに行き、人目のないところで使いましょう。

やむを得ず席で使う場合は、うつむいて口元を隠して使います。使用後の楊枝は、箸と同じように入っていた袋に戻し、端を折っておきましょう。

作=岩下宣子

【著者プロフィール】
岩下宣子
「現代礼法研究所」主宰。NPOマナー教育サポート協会理事・相談役。30歳からマナーの勉強を始め、全日本作法会の故・内田宗輝氏、小笠原流・故小笠原清信氏のもとでマナーや作法を学ぶ。現在はマナーデザイナーとして、企業、学校、公共団体などで指導や研修、講演会を行う。近著に『相手のことを思いやるちょっとした心くばり』(三笠書房)がある。

※本記事は岩下宣子著の書籍『40歳までに知らないと恥をかく できる大人のマナー260』から一部抜粋・編集しました

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)