テッパンお助け素材! ベーコンを使ったお弁当のおかず5選

#食 
「小松菜とベーコンのシンプル炒め」 レタスクラブニュースより


塩漬けの豚肉を熟成させてからくん煙したベーコンは、ちょい足しするだけで抜群のおいしさを発揮する食材。スープなどの煮込み料理にするほか、炒め物や煮物でもよく使われています。今回はベーコンを使ったお弁当のおかず5選をご紹介。忙しい朝でも手軽に作れるものばかりなので、ぜひ参考にしてくださいね。

【小松菜とベーコンのシンプル炒め】(113Kcal、塩分0.7g、調理時間5分)


<材料・2人分>

ベーコン 50g、小松菜 1わ、塩、こしょう

<作り方>

1. 小松菜は3~4cm長さに切り、葉と茎に分ける。ベーコンは2cm幅に切る。

2. フライパンに油をひかずに小松菜の茎、ベーコンを入れ、中火にかけて炒める。ベーコンから脂が出てきたら水大さじ3を加え、さらに炒める。茎がしんなりしたら葉を加えてさっと炒め合わせ、塩、こしょうで味をととのえる。

味つけは塩、こしょうのみで、素材のうまみをそのまま生かしています。しっかり炒めてベーコンの脂や塩けをじゅうぶんに引き出せば、シンプルな中にもコクを感じられる味わいに。

【ごぼうベーコン】


ごぼうはささがきにして炒め時間を短縮します。スパイシーな味が好きな人は最後に粗びきこしょうをふりましょう。

「ごぼうベーコン」 レタスクラブニュースより


【ピーマンとベーコンのごま炒め】


いりごまを加えて風味をアップします。ピーマンの食感を残すため、炒めすぎないように注意。

「ピーマンとベーコンのごま炒め」 レタスクラブニュースより


【ベーコンポテト】


じゃがいもの加熱はレンチンでOK。長ねぎ入りなので、ほんのりと和風味に仕上がっています。

「ベーコンポテト」 レタスクラブニュースより


【ベーコンかぼちゃのバター煮】


ベーコンに焼き色がつき、エリンギがしんなりするまで炒めてから煮汁を加えます。ほっくり甘いかぼちゃが絶品。

「ベーコンかぼちゃのバター煮」 レタスクラブニュースより


一般的な豚バラ肉で作ったベーコンは赤身が多いほど塩けが強くなり、ベーコンとしてのランクは下がるんだそう。しょっぱい料理を作らないためにも、脂肪と赤身のバランスがとれたベーコンを選びましょう。

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)