憧れの白い日傘でUV99%カット! 老舗メーカーの晴雨兼用傘が「軽い、涼しい」と話題 画像(1/3) 白い日傘は涼しげで春夏のファッションにぴったり

厳しい暑さが続いています。日中の外出は極力避けたいところですが、なかなかそういうわけにもいきませんよね。そんな夏の日のお出かけに必須なのが日傘。肌や髪にダメージを与える紫外線をカットしてくれるだけでなく、日よけ効果による涼しさも大きなメリットです。「傘を差して歩くのは面倒」「日傘は何となくおばさんが使うものというイメージ」という日傘否定派も、一度使ったらそのありがたさにきっと驚くはず。未体験の人はこの夏に日傘デビューしてはいかがでしょう?

憧れの白い日傘でUV99%カット! 老舗メーカーの晴雨兼用傘が「軽い、涼しい」と話題 画像(3/3) 【全画像を見る】UVION(ユビオン)プレミアムホワイト晴雨兼用折畳傘(シャドーローズ)

では、日傘を選ぶときのポイントは? 紫外線が心配な人は紫外線カット率、暑さ対策が重要なら遮熱効果をチェック。また、雨用としても使いたい場合は耐水性に注目を。同じように“晴雨兼用”と書いてあっても、小雨程度ならOKというものから、雨傘と同様に使えるものなどさまざまです。他にも長傘か折りたたみ傘か、重さ、色、デザインなど、自分にとって大切な機能や、使うシーンなどを考えて選ぶとよいでしょう。

憧れの白い日傘でUV99%カット! 老舗メーカーの晴雨兼用傘が「軽い、涼しい」と話題 画像(6/3) 折畳傘の収納袋は、長いままでも収納できる2WAYタイプが便利

「UVION(ユビオン)プレミアムホワイト晴雨兼用折畳傘」は、昭和24年創業の東京日本橋の洋傘老舗メーカー東京丸惣が、大手生地メーカーと8年かけて開発したという白い晴雨兼用傘。日傘の色の主流は黒というイメージがありますが、黒は紫外線を吸収するため傘の内側に熱がこもりやすいそう。生地に酸化チタンと特殊鉱物をコーティングしたこの傘は、白でもUVを99%カットし、高い遮熱効果を実現。内側にプリントされた柄が外側からキレイに透けて見えるデザインもエレガントでおしゃれです。また、薄くて軽量(140g)なのに、耐水度が2000mmと一般的な雨傘の基準(250mm~)と比べても耐水性に優れていて、夏場に多い突然の強い雨にも安心して使用できます。7月初旬にテレビショッピングのQVCで発売を開始したところ反響が大きく、購入者から「とにかく軽い、軽い」「薄い材質ながら、見た目以上に丈夫」「髪の毛も、熱くなっていません。遮熱効果を感じました!」など、うれしい声が届いているそうですよ。

色や柄、デザインなどが豊富で、ファッションアイテムとして揃えるのも楽しい日傘。熱中症対策にも有効なので、ぜひチェックしてみてくださいね。