発売直後緊急大増刷決定!清野とおる 東京怪奇酒「恐怖の303号室」(後編)全て実話です…

#くらし 
赤羽の幽霊マンションで缶チューハイ…。居酒屋?スナック?これからは怪奇現場での飲酒だ!


日常と非日常の狭間で飲酒しよう!!!!!

『ウヒョッ! 東京都北区赤羽』、『その「おこだわり」、俺にもくれよ!』など、問題作を次々と発表し続ける奇才漫画家・清野とおるが友人知人他人から直接聞いた恐るべき「怪談」の数々…。

その怪奇現場に実際に足を運んで「酒」を飲んじゃおうってワケ。

嗚呼、一度でいいから「オバケ」を見たい。

でも怖い…けど見たい…怖い怖い…

やっぱ見た~~~~~~い!!!!!

壇蜜さんとの結婚後初の単行本となる「東京怪奇酒」より、エピソード1杯目「恐怖の303号室」を前後編でお送りします!今回は恐怖の後編です。

 壇蜜さんとの結婚後初単行本!東京Walkerの大人気連載が待望の書籍化「東京怪奇酒」


この記事に共感したら

Information

『東京怪奇酒』▶掲載話一覧はこちら

★発売直後緊急大増刷決定!★


単行本情報はこちら


『東京怪奇酒』


東京Walkerの大反響連載、待望の書籍化!描き下ろしも収録
▶amazonKindle版
▶楽天ブックス
▶楽天ブックス電子

●清野とおる/東京都北区赤羽在住の中年漫画家。『ウヒョッ! 東京都北区赤羽』(双葉社)『その「おこだわり」、俺にもくれよ!!』(講談社)、『ゴハンスキー』(扶桑社)など、問題作を次々と発表し続ける。
▶Twitter:@seeeeeeeeeeeeno

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //