家事のプロに聞く!大掃除:パパもラクラク。浴室のドアパッキンのカビ攻略法
カビ取り剤をそのままスプレーするのではなく、キッチンペーパーの上からシュッ!がポイント。“湿布ワザ”で効果も高まる

入浴するたびに目につくドアパッキンのカビ。大掃除ですっきりきれいにしておきたい箇所の一つです。「カビ取り剤を使えば簡単にきれいになるので、ことしはパパにお願いしてもいいのでは?」と、家事のプロ・高橋ゆきさん。ただし、スプレーする際にちょっとしたコツがあるとか!

【ドアパッキンはカビ取り剤で湿布する】

“湿布ワザ”がポイント! カビ部分をペーパータオルで覆い、その上からカビ取り剤をスプレーして放置します。その際、ゴム手袋をすることを忘れずに。15分たったら、洗剤がしみたペーパータオルをそのまま外すのではなく、最後にもうひと押し! カビや汚れをグイッとこすってから外し、仕上げに流水をかければOKです。

「パパがきれいにしてくれたのよ~」と家族にアピールすれば、来年もやってくれるかも!?【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】