これは発明…!【セリア】消毒スプレーになるボールペンが凄い

#やってみた 

外出時に除菌スプレーを持ち歩くようになってしばらく経ちましたが、カバンのなかでかさばるのがいつも気になっていました。

そんなときに見つけたのが、セリアの「スプレーボールペン」。
除菌用アルコールやフレグランスをペンに入れて持ち運べるのだそう。
早速試してみました!

除菌用アルコールが持ち運べる!「スプレーボールペン

・「シュシュッとスプレーボールペン」100円/1本入(税抜き)
<材質>ABS、PC、PP、TPR
<サイズ>約13×19×150mm、ボールペン芯:0.7mm

除菌用アルコールが入れられる「スプレーボールペン」


高濃度アルコールの使用は不可!注意事項を守って安全に使おう

ボールペンの内部に、除菌用アルコールやフレグランスを入れて持ち歩けるという「スプレーボールペン」。

80%を超える高濃度アルコールの使用や、食品・調味料を入れることはできないのでご注意を。

各パーツは分解すやすい!組み立てやすい!

各パーツが分解できるようになっていて、簡単に入れ替えることができます。

ポリカーボネート製のボールペン!中央部分に液体が入る!

液体をいれる透明な箇所は、耐衝撃性が特徴のポリカーボネート製で丈夫な仕様です。

スプレー部分を回すと、液体を入れることができます。グリップ部分を回すと、ボールペンの芯が出てくる仕組みになっています。

除菌用アルコールを入れて使ってみました!

除菌用アルコールを入れてみました。

「スプレーボールペン」のキャップを外してプッシュしてシュシュー!!

キャップを外して、プッシュするとシュシュッとスプレーされました。

外出先でも、手指の消毒がさっとできるので、カバンに入れておくと安心ですね。

ただ、汚れた手で取り出したボールペンを、消毒したあとにまたさわるのはちょっと気になる…。
そんな時はジッパー付きの袋などにボールペンを入れておいて、先端だけ出してプッシュ!

消毒したあとに、袋の中からボールペンを取り出せば、比較的汚れた手でさわらずに使えるかな?と思いました。

さらに、そのあとティッシュペーパーなどにスプレーを吹きかけ、ボールペンもきれいにすれば安心かなぁ。

そしてバッグの中で中身が漏れないように、液体部分はしっかり締めておくこと、また小さいお子さんがいるご家庭では扱いに十分気を付けてくださいね。

もりろん、ボールペンとしてもちゃんと使える!

もちろん、ボールペンとしてもちゃんと使えます。書き心地も一般的なボールペンと変わらず、普通に使えました!

会社や学校、外出先でもシュシュッと消毒してから使うことができる「スプレーボールペン」。オフィスなどの共有パソコンを使用する際にも消毒したいけれど、「気にしすぎかな…」と、周りの目がちょっと気になる…。

そんなときでも、ボールペン型なら目立ちません。除菌用アルコールに限らず、フレグランスを入れておけば、ストレスがたまりがちなシチュエーションでもリフレッシュにひと役買いそうです。

さまざまなシーンでさりげなく使える、すごいアイデア商品です!


文=moco

この記事に共感したら

moco

moco

神奈川出身のライターって名乗りたい主婦。3歳の娘と、おかし作りや... もっと見る

おすすめ読みもの(PR)

「やってみた」レポ一覧