虚しく続く心臓マッサージ。救急車を待つ間、妻の意識が戻ることはなく…/私がシングルファザーになった日(2)

#くらし 
救急車さえ来たら…
救急車さえ来たら…

当たり前の日常はどれだけ幸せだったのか。ある日突然大切な人を失い、シングルファザーになった男性の苦悩や後悔、心の叫びを描く実話コミックエッセイ『私がシングルファザーになった日』をお送りします。今回は第2回です。

おすすめ読みもの(PR)