虚しく続く心臓マッサージ。救急車を待つ間、妻の意識が戻ることはなく…/私がシングルファザーになった日(2)

#くらし 
救急車さえ来たら…

『私がシングルファザーになった日』 2話


生活が一変したあの日から、私はシングルファザーになりました。

それは突然の出来事。8月のある日、りゅーちゃんねるさんはドンッ…という大きな音で目を覚ましました。音の方を向くとベッドで隣に寝ていたはずの奥さんの姿が見えず、慌てて飛び起き彼女の様子を見ると意識がなく、その表情はとても苦しそうで…そして、りゅーちゃんねるさんの生活はその日から一変したといいます。

当たり前の日常はどれだけ幸せだったのか。ある日突然大切な人を失い、シングルファザーになった男性の苦悩や後悔、心の叫び…。39歳で突然妻を亡くし、シングルファザーとなったりゅーちゃんねるさん。当時息子は2歳になったばかりでした…。

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //