リキッドファンデの節約になるか?!【セリア】「ソフトジェルパフ」をレポート♪

#やってみた 

セリアのメイク小物コーナーを物色中、何ともかわいらしい商品が目に飛び込んできました。
えっ!?
これがファンデーションを塗るパフなの?

はてなマークを頭に抱えたまま、思わず「見た目の可愛さ」だけで買ってみたこのアイテム。
実際に使ってみたらどうなのか、レッツチャレンジ♪

見ためもキュート!【セリア】「ソフトジェルパフ」


・「ソフトジェルパフ」100円/1個(税抜き)
<サイズ>65×43×厚み8mm
<材質>ポリウレタン

パッケージをじっくり読んでみると、リキッドファンデーションやクリームチークなど、クリームタイプの化粧品専用パフと書かれています。

そのためパウダータイプには使用できないとのこと。

透き通ったジェル状のパフの中に、青いお花が鮮やかに浮かび上がっていてとても綺麗♪
これは本物の天然花を染色したものが入れてあり、そのため商品ごとに花の個体差があるようです。
売り場には青い花のほかに、赤と黄色のものも売られていました。

いつもベージュや白のスポンジパフを見慣れている身としては、本当に使えるパフなのかまだ疑いの目で見ています(笑)。

手で持ってみると、ひんやりとしていて弾力があります。


パッケージを開封して手で持ってみると、ひんやりとしていて弾力があります。
指で曲げると写真のようにぐにゃりと簡単に変形。

通常のスポンジパフの柔らかさとはまた違いますが、なめらかでハリがあり、プニプニしています。
これなら肌に直接当てても大丈夫そう~という印象を持ちました。

【画像】とがっている部分と緩やかなカーブ部分を使い分けると便利


角のとがっている部分は小鼻や目の周りなど細かい凹凸部分に。
緩やかなカーブ部分は頬や額などの広い部分に使うと有効だそうです。

スポンジパフのようにしみこむことがないので、リキッドファンデーションを使用する目安は、スポンジパフ使用時の1/3〜1/2の量でOKとの記載がありました。

これはかなりファンデーションの節約になるのでは!

ふつうのスポンジパフとソフトジェルパフ


そこで今回、普通のスポンジパフとソフトジェルパフの使い心地を比較するべく、
白いアクリルボード上に、私がいつも使っているリキッドファンデーションを同じ量だけ出して、それぞれ塗り広げてみました。

普通のスポンジパフとソフトジェルパフの使い心地を比較


ソフトジェルパフはしみこまないので、ほぼすべてのファンデーションがアクリルボードに塗り広げられました。


写真で見ると一目瞭然です。

スポンジパフはファンデーションがしみこんだ分、塗れた範囲が狭く、薄づきです。
それに対してソフトジェルパフはまったくしみこまないので、ほぼすべてのファンデーションがアクリルボードに塗り広げられました。

ファンデーションが1/3〜1/2の量でOKというのは本当のようです。ただ、リキッドの形状によっても塗り広げられる量が異なるので、あくまでも一例と思ってくださいね。

使用後は薄めた中性洗剤で優しく洗います。


使用後は薄めた中性洗剤で優しく洗い、柔らかい布などで水気を取るとあっという間にピカピカに!

パフって洗うタイミングをつい先延ばしにしがちですが、ソフトジェルパフならファンデーションがどれだけ残っているか一目でわかる上に、洗ってふけばすぐ乾くので、使ったらすぐ洗おう!という気持ちになり、常に清潔を保てます。

衛生的で見た目も愛らしいセリア「ソフトジェルパフ」


ファンデーションのほかに乳液などにも使えるとのこと。
乳液タイプの日焼け止めをこのソフトジェルパフで塗れば、手のひらがベタつかずに快適そうです。

衛生的で見た目も愛らしいセリア「ソフトジェルパフ」。
触り心地も抜群なので、これからの季節、ますます活躍してくれそうです。


文=やんまー

この記事に共感したら

やんまー

やんまー

大阪北摂在住ライター。転勤族なのに収集癖の抜けない夫婦と姉妹の4... もっと見る

おすすめ読みもの(PR)

「やってみた」レポ一覧