ペンケースにも入っちゃう!【セリア】の折りたためる「コンパクトホッチキス」

#やってみた 

ちょっと紙をまとめておきたいときに便利なホッチキス。
特に事務作業をしているときに、ペンケースにでも入れておいてサッと取り出せるととても便利ですよね。

でもホッチキスをペンケースに入れると、意外とかさばってしまうことはありませんか。

たとえ入っても、持ち運びの動きでパチパチとホッチキスが動いてしまい、ペンケースの中がホッチキスの芯だらけになってしまうことも。

そんなお悩みを解決してくれるのが、セリアで発見した「コンパクトホッチキス」です。

【画像】セリアで発見!コンパクトサイズに折りたためるホッチキス

・「コンパクトホッチキス」100円/1セット(税抜き)
<サイズ>約8.0×2.0×1.5cm(折りたたみ時)

コンパクトサイズなだけではなく、パッケージには「折りたたみOK」との記載が…。
どうやって折りたたむのか気になって、ついつい購入しちゃいました。

【画像】ホッチキスと替芯がセットになっているので、買ったらすぐに使える!


折りたたむ前の状態でも、かなりのコンパクトサイズ。
家にあった普通のホッチキスと比べてみるとふたまわりぐらい小さめでした。

【画像】普通のホッチキスと比較してもかなりコンパクト!


パッケージには10枚とじとの記載もありましたが、私が試してみたら薄手の紙であれば15枚ぐらいでもパチンととじてくれました。

見た目はかなり小さめなので力がいるかな~と思ったんですが、家にある大きめホッチキスと同じぐらいの力でとじることができましたよ。

【画像】コンパクトサイズに切り替えられる秘訣はツメの部分

このホッチキスの折りたたみの秘訣は、ひらいたときのカバー裏部分!
ここには「Set」と「Lock」の文字があり、前後に動かせるようになっています。

ちょっと力は必要ですが、指先でカチッと動かしましょう。

【画像】ツメを下げると通常通りホッチキスとして使えます。

Setにした状態でホッチキスを閉じると、紙を綴じられる状態に。
普段私たちがよく目にするホッチキスの形です。

【画像】ツメをあげるとコンパクトに!芯が入ったままでOKです。

Lockにツマミを移動させると、パタンと折りたたむことができちゃいます。
このときの厚さはなんとたったの1.5cmです。

【画像】折りたたむことで約半分の厚みになります。

通常時と折りたたみ時を比較してみたら、厚さはなんと約半分になりました♪

このアイテムを見たときに「折りたたむといっても、芯が入ったままじゃ無理だよね」なんて思っていたんです。
毎回芯を出してから折りたたむのは面倒だな、と。

でもコンパクトホッチキスは、芯を入れたまま折りたたんで収納可能!

これなら普段は折りたたんでしまっておいて、必要なときにツマミを動かすだけですぐに使えちゃいますね。便利!

そんなわけで、私のペンケースにはこのコンパクトホッチキスがレギュラー入りしました♪

文=あささん

この記事に共感したら

あささん

あささん

2歳息子をもつズボラ母。在宅ライターをしています。仕事や子供との... もっと見る

おすすめ読みもの(PR)

「やってみた」レポ一覧