チャックがない袋ものに最適!【ダイソー】の「キッチンの袋クリップ」なら、 つけたまま中身が出せて便利♪

#やってみた 

菓子類をはじめ小麦粉など、チャック付きの袋ものが多くなってきました。

でも、片栗粉やパン粉、砂糖、塩、お茶、こんぶなどの袋にはチャックがついてないことが多いですよね。となると、開封後はどうしても輪ゴムやクリップなどで口を止めることに…。

1秒でも惜しい調理のバタバタ中に、この着脱って手間というか面倒というか。バッとクリップや輪ゴムを外してポイッとそこらへんに置いてしまうので、調理後に「あれ? 外したクリップ(輪ゴム)どこ行った???」なんてことも(笑)。

しかも、片栗粉なんて計量後にそのまま作業台に置こうとして倒し、何度中身をぶちまけたことか。袋の上部を全部カットしちゃってるから、被害状況といったら目も当てられません。シクシク。

この“チャックなし袋ものあるある”トラブルに、何かいい方法はないかと【ダイソー】をブラブラしているとき、目についたのがコレ!

クリップをつけたまま中身が出せる「袋クリップ」

「キッチンの袋クリップ 12cm」2個1セット 100円(税抜き)です。
今回店頭にあったのは12cmサイズだけでしたが、ほかに16cmサイズもあるよう。

パッケージに大きく「クリップをつけたまま中身が出せる!」と書かれている点にそそられました。
クリップをいちいち外さなくてもいいなんてラクそうじゃないですか!

【写真を見る】クリップを半分だけあけることができるのがミソ

サイズは約長さ160×幅(最大)28×厚さ(最大)18mm。
材質はポリプロピレン。
色はイエローとグリーンの2色組です。

ヒンジの位置が装着のポイント

なぜ、クリップを外さなくても中身が出せるかというと、クリップの途中にちょうつがいのような折れ曲がる支点(ヒンジというらしい)があって、先端から半分だけクリップをあけることができるようになっているから。

では早速、片栗粉の袋で試してみましょう。

片栗粉の袋にセットしてみた

といっても、取り付けは簡単! 袋の上部の端を5cmほどカットしたら、その下をクリップでパチッとはさめばOK。

使うときは、先端部を外すだけ

使うときは、先端部だけを外します。

おぉ、ちゃんと袋から出てくる~!

そのまま折り返して固定すれば、あけた口の部分から中身が出てくるというわけです。

パン粉の袋にも便利

ザザーッと出したいパン粉の袋にもいいですね。
クリップ中央のヒンジの位置に注意すれば、小さい袋にも使えますよ。

そうめんや塩こんぶ、天かすなどなどチャックのついていない袋ものはまだままだたくさん。
中身の形状によって出しやすさも違うので、切り口のサイズは使いながら微調整するといいと思います。

先端を外すというアクションが必要になってくるため、ほかのクリップ同様“外す手間”はかかりますが、完全に袋から外してしまうわけではないので袋を倒してしまっても被害は少なくて済み、「あれ、クリップどこ行った~?」もありません。

ガサツな母ちゃんとしては、それだけでもうれしいかも(笑)。

ただし、残念ながら完全密封はできず、液体が入った袋にも使用できません。
とはいえ、かなりしっかり口を閉じてくれるので湿気防止には十分だと思います。

個人的にはちょっと大きめの16cmも欲しいので、今回購入したのと別の【ダイソー】に行ったときにでも探してみようと考えてます♪

文=カッパスキー

この記事に共感したら

カッパスキー

カッパスキー

掃除や洗濯などの実用記事を中心に手がけるフリーライター。ヲタクな... もっと見る

おすすめ読みもの(PR)

「やってみた」レポ一覧