せんべい&おかき好き必見!【KALDI】のメッチャうま米菓3選

#やってみた 

おこもりライフも長く続くと、テレビや衛星放送を見ながらポリポリするお菓子もたくさん買い込んでいたはずがあっという間になくなってしまい…(笑)。

この間は変わった味のチップスをいろいろ楽しんだから、今度はせんべいやおかき、あられといった和風テイストでおいしいものはないかな~?と、またもや【KALDI】に行ったときに探してみることに。

と、そんな気持ちを見透かされたかのように店頭に山積みになっていた商品が! しかも、「おこもりお菓子にぴったり!」の手描きPOPまで。
店内の奥のほうにも“推し”POPでそそってくる米菓がいろいろあったので、米&餅好きとしては外せないであろうと思うものをゲット。

実食してレポートしてみたいと思います。

POPにつられて「食べてみなきゃ!」という気になった米菓3品

数ある米菓の中からチョイスしたのは「柚子塩味のあげせんべい」15枚入り 257円、「いぶりがっこ味オカキ」40g 118円、「塩と醤油のおかき」80g(個包装込み)291円 (いずれも税込み)。

【画像を見る】KALDI激推しの「柚子塩味のあげせんべい」

中でも「おこもりお菓子にぴったり!」という手描きPOPで目立っていたのが、数量限定の「柚子アジシオのあげせんべい」。
「揚げせんだけど、あっさり、サクサク食感に手が止まらない…危険なお菓子です」と強烈アピール。

国産うるち米使用。高知県産の柚子陳皮を使用したパウダーで味つけ、爽やかな風味がクセになるおいしさとか。

手で簡単に割れるサクサクっぷり

食べる前に手で割ってみると、簡単にパキッ。その手応えからもふんわりした断面からもサクサク感は伝わってきます。

では、一口。
ん~、確かにサックリ! ほんのり漂ってくるゆずの香り&適度なしょっぱさがたまりません。
サクサク感を楽しんでいるうちに、口溶けよくスーッとなくなってしまうので、自然と手は2枚目に伸びて…。
後味さっぱりなので、これは手が止まらなくなるかも!?

袋はチャックなしですが、1枚ずつ個包されているので、一度に食べきらなくても湿気る心配なくサクサク感をキープできるのも嬉しいところ。← でも、食べきってしまう可能性大(笑)。

ミニサイズなのにガリガリ食感といい、スモーキーさといい大満足の「いぶりがっこ味オカキ」

「燻した香ばしさがおいしすぎます!」とアピールされていたのは、「いぶりがっこ味オカキ」。
出ました!【KALDI】お得意の「いぶりがっこ」シリーズ。

今回チョイスしたほかの2品と違って、内容量40gの小袋サイズです。
国内産もち米&国内産うるち米使用。
ザザーッと袋から出した途端、香ばしい燻製臭がぷわわ~んと。これは味も期待できそう!

見るからにガリガリッとした歯応えが楽しめそう

一粒の大きさは、おかきというよりあられに近いかも。見るからに一粒一粒がしっかりかたそう。

ポイッと口に入れてひと噛みすると、ガリガリッとした歯応えがなんともいえずに楽しい! 同時に口と鼻いっぱいに“いぶり臭”が広がって…。
あぁ、ビールが欲しくなる~(笑)。

味はもちろん、ガリガリ食感がくせになってあっという間に一袋完食しちゃいそうな、危険なおいしさです。

ひとつずつ個包されている「塩と醤油のおかき」

「おかき好きに食べてほしい」とアピールされていたのは、「塩と醤油のおかき」。
ほどよい塩加減でザクッとした歯応えの塩味おかきと、しょうゆをしみこませカリッとした食感のしょうゆおかきの2種類が一袋に入っています。

せんべいやおかきを買うとき、あっさり塩味にするか、香ばしいしょうゆ味にするか、で悩みがちな私としては、一袋で両方楽しめるのは嬉しい限り♪

塩味・しょうゆ味とも、国産もち米使用。
1個ずつ個包されているので、味が混ざったり、湿気たりしないのも◎。
きっとランダムにはいっているのでしょうが、数えてみると今回は塩味が7個、しょうゆ味が10個入っていました。

ザクッとした歯応えの塩味(写真上)と、見るからにしょうゆをつけて焼いた感じがする醤油味

塩味は食感ザックリ。適度な塩加減で、後味にお米のおいしさが広がっておいしい!
しょうゆ味はちょいかためのカリカリッとした食感。食べた瞬間、香ばしいしょうゆの味と香りが口じゅうに広がります。塩味と違って、こちらは味しっかりですが、お米のおいしさが味わえるのは同じ。

あぁ、これはもう熱~いお茶があれば、塩味としょうゆ味を交互に食べ続けてしまう“無限ループ”状態に陥りそう(笑)。

せんべいもおかきも、米菓だけにやっぱり最後の決め手は、ベースになるお米がおいしいかどうか。
その点、この3品はどれも国産うるち米や国産もち米を使ってるだけあって、せんべい&おかき好きも納得のおいしさ。

あとは食感や味などを好みで選べば、快適おこもりライフを満喫できること間違いなし♪
あ、でも、炭水化物とり過ぎの危険性?を伴うので、その点はご注意を~(笑)。

文=カッパスキー

この記事に共感したら

カッパスキー

カッパスキー

掃除や洗濯などの実用記事を中心に手がけるフリーライター。ヲタクな... もっと見る

おすすめ読みもの(PR)

「やってみた」レポ一覧