お風呂掃除の2大難関をお任せできる!【セリア】の「2way目地洗いブラシ」

#やってみた 

掃除=面倒、大変!と思ってしまう私(笑)。特にお風呂掃除の大変さといったら! 
浴槽内だけじゃなく、床や壁、風呂フタもキレイにするには、どれだけ体力を消耗すればいいのやら…。

でも、これからの季節は油断しているとカビ発生につながるので「ま、いっか」とサボることもできません(泣)。

中でも考えただけでハァアア…とため息をつきたくなるのが、風呂フタ洗い。蛇腹タイプなので溝が何本もあり、それを1本ずつ広げてスポンジでゴシゴシするのがどうにもこうにも面倒で。
100均ショップに行くたびに、この手間&重労働?を解消してくれるものはないかと探していたところ、先日【セリア】でついに遭遇!

ソフト&ハード2つのブラシが1つに!「2way目地洗いブラシ」

「2way目地洗いブラシ」110円(税込)です。

【画像を見る】「風呂フタの溝にぴったり」の文字が目に飛び込んできた!

商品名より先に、パッケージに書かれている「風呂フタの溝にぴったりソフトブラシ」という文字が、目に飛び込んできました(笑)。
この時点ですでにガシッと商品を握り締めたのですが、よく見ると「タイル目地の磨きにハードブラシ」とも書かれていて、ソフトorハードの使い分けができる2WAYなブラシであることを理解。
一石二鳥とか1つ〇役というおトク感にめっぽう弱いので、迷わずレジに向かいました。

吊るせるように穴が2カ所開いているのも◎

材質は柄もブラシもポリプロピレン。
柄の長さは約18.5cm。

傷をつけずに汚れを落としたいところは、白いソフトブラシを

かたいところのゴシゴシ洗いは、青いハードブラシにお任せ!

白いブラシが「風呂フタ洗い」用のソフトタイプで、青いブラシが「タイル目地やコーナー洗い」用のハードブラシになっています。

昭和レトロなわが家の浴室は、床が小石のようなタイルをはめ込んだタイプなので、それ用の大きめ&ハードなブラシはすでに活用しています。
が、壁の間の溝には毛先が届かないため、風呂フタ洗いに次ぐ悩みのタネでした。それも青いハードブラシが活躍してくれそうな予感が!

蛇腹タイプの風呂フタの汚れをかき出してくれる

では、さっそく悩みのタネだった風呂フタの溝を洗ってみることに。

スポンジ使用時のように、思いきり溝を広げる必要なく、すき間にスイスイ入っていきます。毛先の長さが3cmほどあるので、奥までしっかり届くのがうれしい♪

手応えというか溝に当たってる感じもやさしく、傷をつけることなく洗えるのが◎です。

壁の溝にたまった汚れもしっかりかき出せる!

続いて、壁の間の溝をハードブラシでゴシゴシ。
こちらも奥までしっかり毛先が届いて、汚れをかき出してくれます。

これまでは古い歯ブラシなどを突っ込んでゴシゴシしていたので、これまた手間がかかったのですが、このハードブラシならラクラク。
毛先の長さ&かたさって、やっぱり大切なんだなぁ、と改めて実感。

床や壁に四角いタイルが使われている浴室なら、どちらのタイル目地もハードブラシで攻略可能です。

柄に2カ所丸い穴が開いているので、使用後はフックなどに吊るしておけるのもいいですね。

わが家の浴室掃除の2大難関だった「風呂フタ」と「壁の溝」が、この「2way目地洗いブラシ」を1本導入しただけですっきり解消!

これからはユーウツだったお風呂掃除も億劫がらずにやれそうです♪

文=カッパスキー

この記事に共感したら

カッパスキー

カッパスキー

掃除や洗濯などの実用記事を中心に手がけるフリーライター。ヲタクな... もっと見る

おすすめ読みもの(PR)

「やってみた」レポ一覧