片手で使える!【セリア】のノック式の油性マーカー

#やってみた 

建築現場の仕事をしている友達が、油性ペンをよく使うといっていました。

外で工事をするときに、遠くからでもパッとわかるようにマーカーで箱や材料に文字を書くとのこと。雨でぬれることもあるので、油性マーカーを使っているそうです。

でも、油性マーカーってキャップとペンが別になっているものが多く、使うときは両手でキャップを外さないといけないですよね。でもその友達は片手で使うことが多いらしく、ボールペンのようなノック式の油性マーカーを使っていました。

「どこのペンなのかな?便利そう」と思って探していたところ、先日セリアで発見!
すっかりわが家の定番アイテムとなったので、その魅力を紹介します。

セリアで発見!片手で使える油性マーカー

・「ノック式油性マーカー」110円/1本(税込)
<サイズ>約1.0×14.0cm

100均の文具コーナーにありました。

【画像】ノック式でペン先を出し入れできる油性マーカー

この油性マーカーは上部にノックできる部分があります。
これをカチッと押すと、油性ペンのペン先が出てくる仕組みです。

使い心地はボールペンに近く、片手でカチッとペン先の出し入れをできますよ。

ペンの太さは「細」サイズ。たいていの場所にはこれで書き込みOK

油性マーカーには太さがありますが、このノック式油性マーカーの太さは「細」のタイプでした。

片手で使ってペン立てにポンと入れられて便利!

わが家では冷蔵庫に取り付けているペン立てに収納して、必要なときはここから出して使っています。

子どもの持ち物の名前を書いたり、冷凍食材を入れるジッパー付き袋に中身を書いたり、たまごのパックに賞味期限を書いたり。
意外と油性ペンって出番が多いんですよね。


クリップ部分もついているので、ポケットに入れて持ち運びもできちゃうよ!

実はこのノック式油性マーカーには、クリップ部分もついています。
だから、例えば外で作業するときは、ポロシャツの胸ポケットに入れておくのもOK。

知らない間にキャップが外れてペン先が出てしまい、衣類にインクが付いてしまう心配もありません。

なくてもなんとかなるけど、あるとうれしい油性マーカー。
ボールペンのように片手で使える便利さに、リピ買い決定です♪

文=あささん

この記事に共感したら

あささん

あささん

2歳息子をもつズボラ母。在宅ライターをしています。仕事や子供との... もっと見る

おすすめ読みもの(PR)

「やってみた」レポ一覧