洗濯日和の晴れた日、外に洗濯を干せたのはいいけれど、フードが重なって乾いてない…フード部分が生乾きになってる…そんな経験ありませんか? せっかくいいお天気だったのにショックですよね。でも、ダイソーで見つけた「パーカーハンガー」は、そんな悩みもしっかりと解決してくれます♡

冬の厚手もの洗濯の救世主♪  ダイソーの「パーカーハンガー」で生乾きにさよなら 画像(1/3) ダイソー パーカーハンガー画像1

使い方は、いつものハンガーにプラスするだけ。まずは物干しざおに「パーカーハンガー」をかけます。そして、パーカーをかけたハンガーを、「パーカーハンガー」のフックにかけ、フード部分を「パーカーハンガー」に被せるだけ。フックは2つあるので、子どものパーカーなら上、大人のパーカーなら下、とサイズによってかけかえるのがミソ。

少しでも家事を手抜きしたい私。「パーカーハンガー」をダイソーで見つけたとき、求めていたものはまさしくこれだ~!とうれしくなり、思わず即買いしてしまいました(笑)。

冬の厚手もの洗濯の救世主♪  ダイソーの「パーカーハンガー」で生乾きにさよなら 画像(3/3) ダイソー パーカーハンガー画像2

ダイソーの「パーカーハンガー」に出会う前は、仕方がないので面倒と感じながらも、物干しざおにパーカーのフード部分を洗濯バサミでとめて乾かしていました。干すたびに物干しざおを拭くのも面倒ですし、フードの分だけ場所も取るからもったいないですよね。部屋干しするときもできるだけ省スペースにたくさん干したいと考えていたので、このやり方はベストな方法ではありませんでした。そんなことで悩むこともなくなり、うれしい限りです♪

冬の厚手もの洗濯の救世主♪  ダイソーの「パーカーハンガー」で生乾きにさよなら 画像(6/3) ダイソー パーカーハンガー画像3

わが家の娘はいつも公園で砂だらけになるのが日常茶飯事。でも、「パーカーハンガー」のおかげでジャンパーやパーカーの洗濯が楽になりました! 冬場の貴重なお日様の光をフル活用でき、とっても重宝しています♡


文=やっち