シャワートイレの“ノズルの洗い方”問題を【ダイソー】「ノズルにフィット!」が解決!

#やってみた 

シャワートイレのノズルをどうやって洗うか日頃から悩んでいました。

トイレブラシで洗うのは抵抗があるし、トイレ用ウェットシートで拭いても、細かい所やノズルの穴に汚れがたまってしまうような気がしたり…。

そんなときにダイソーでピッタリのブラシを発見しました! その名も「ノズルにフィット!」

【ダイソー】「ノズルにフィット」はいつも洗えないノズルまでキレイにできる!


・「ノズルにフィット!」 100円/3本(税抜き)

狭い隙間やノズルなどの穴にフィットする、使い捨てのトイレブラシです。

【画像】「ノズルにフィット」でしっかり洗える4つの特徴


<サイズ>長さ14.2cm

<材質>柄:ポリプロピレン、スポンジ:ポリウレタン

<耐熱温度>70℃

細かいところまで洗いやすい特徴は以下の通り。

1. ブラシ・・・シャワートイレのノズルの穴や隅の汚れを落とす

2. すきま用クリーナー・・・便器のノズルが収納されている奥のスペースの汚れを落とす

3. ノズル用クリーナー・・・スポンジがノズルの形状にフィットして汚れを落とす

4. ヘラ・・・便器、床などのすき間の汚れをかき出す

1本で4種類の使い方ができます。

さっそくブラシでノズルの穴部分を洗ってみます。

ノズルの隅や穴までゴシゴシできます


ブラシ部分は固めなので、ノズルの穴にしっかりと入り込むわけではありませんが、ノズルの穴の入り口や隅の汚れはこすって落とせます。

ノズルのフタの裏やすき間をきれいにできます


すきま用クリーナーは、いつも洗えなかったノズルのフタの内側を洗うことができました。

ノズルクリーナーはノズルにしっかりとフィットしてくれる!


一番おぉ!と思ったのが、ノズル用クリーナー。

柄がくぼんでいる部分にスポンジが付いているので、ノズルにその名の通りフィットして洗えます。

ヘラは細いすきまの汚れをかき出してくれます


最後はヘラですが、これも柄が斜めになっているので、すき間に入り込んでくれます。

「ノズルにフィット!」は使い捨てですが、1週間に1度のしっかり掃除に使うと考えると、1ヶ月に100円位ですみそう。

何より毎回新しいブラシで洗えて、衛生面でも安心なので使い切ったらリピート決定!

これからは、ノズルまで清潔なトイレで、気持ちいいトイレタイムが過ごせそうです♪

文=さゆぼん

この記事に共感したら

さゆぼん

さゆぼん

お休みは極限まで予定を入れたい、女2人、男1人の子を持つ母。常に... もっと見る

おすすめ読みもの(PR)

「やってみた」レポ一覧