パンプスやスニーカーにコーディネートする靴下といえば、フットカバーですね。

昔、おばあちゃんが履いていたフットカバーと違って(笑)、今はオシャレなものがたくさん! 

100均でも数多く販売されています。


ですがフットカバーは片方だけなくしたり、何度も洗って干しているうちに型くずれすることも…。


そんな悩みをお持ちのあなたに、フットカバー愛用者のわたくし渡辺リリオが見つけた優秀アイテム、キャンドゥの「フットカバーハンガー4P」を紹介します。


迷子も型崩れもさよなら!【キャンドゥ】「フットカバーハンガー4P」 画像(1/6) フットカバーハンガー4P

・「フットカバーハンガー4P」4枚入り 100円/1個(税抜き)

<サイズ>約タテ21×ヨコ7cm

<材質>ポリプロピレン


楕円形の、ポリプロピレン製の板が4枚入っています。

迷子も型崩れもさよなら!【キャンドゥ】「フットカバーハンガー4P」 画像(3/6) 【画像】ポリプロピレン製のこの薄い板が…

実際に使ってみましょう! 

まず、洗濯したあとのフットカバーを1枚ずつ、靴下を履かせるようにセットします。

迷子も型崩れもさよなら!【キャンドゥ】「フットカバーハンガー4P」 画像(6/6) 靴下を履かせるようにセット!

その後、フックを起こしてハンガーや洗濯バサミに取り付けます。

迷子も型崩れもさよなら!【キャンドゥ】「フットカバーハンガー4P」 画像(10/6) フックを起こして

フットカバーの形をキープしたまま、干すことができますよ~。

迷子も型崩れもさよなら!【キャンドゥ】「フットカバーハンガー4P」 画像(15/6) セットしたまま干せる!

乾燥したあとは、「フットカバーハンガー」を外さないでそのまま収納。

省スペースですっきり収納できるし、タンスの中から見つけやすい! 

迷子も型崩れもさよなら!【キャンドゥ】「フットカバーハンガー4P」 画像(21/6) そのまま収納!省スペース!

22cmから25cmまでのフットカバーに対応可能。

もし、もっと小さいサイズのフットカバーに使用したければ、簡単にカットして使えます。


ポリプロピレン製なので、屋外で使用すると劣化が早くなりますが、このお値段なら惜しみなく新しいものを再度購入できますね。


オシャレに収納、<干す>→<しまう>を簡単に。

スタイリッシュなズボラーお助けアイテム(笑)、「フットカバーハンガー」で、洗濯&収納のストレスがひとつ減りそうです。


文=渡辺リリオ