みなさんは、バスタオルをどこに干していますか?

私は以前、物干し竿にかけるようにして干していました。


しかしバスタオルは干すのに場所をとるし、外に出しっぱなしの物干し竿に直掛けするのが気になる…。


そんなとき、ニトリで3本400円程度のバスタオルハンガーを発見!

これなら場所を取らずにバスタオルを干せるので、わが家の主流になりつつありました。


ただ、近所のニトリでは3本セットしか取り扱いがなく、「もう1本あると助かるんだけどなぁ…」と、もやもや。

そんなときに見つけたのが、セリアのバスタオルハンガーです。


【セリア】「バスタオルハンガー」なら省スペースでしっかり乾く 画像(1/4) 【画像】省スペースでバスタオルが干せる【セリア】「バスタオルハンガー」

・「バスタオルハンガー」100円/1本(税抜き)

サイズ(通常時):約22×40cm


セリアのハンガー売り場で見つけたのですが、最近はいろいろなハンガーを取り扱っているんですね。

ほかにも便利そうな商品を見つけたので、順番に試していきたいと思ってます。


【セリア】「バスタオルハンガー」なら省スペースでしっかり乾く 画像(3/4) 【画像】干す部分がスライド式でワイドに広がる

このハンガーはバスタオルをかける部分を動かせる点が、ほかのハンガーにはない特徴です。


通常時は40cmですが、なんと最大63cmまで広がります。

使用時は最大サイズまで広げ、収納時はコンパクトに片づけられるのも便利なポイントです。


【セリア】「バスタオルハンガー」なら省スペースでしっかり乾く 画像(6/4) 普通に干すより狭いスペースでしっかり乾く

物干し竿にひっかけるハンガーの上部分が回転するので、物干し竿に対して垂直にバスタオルを干すことができます。


物干し竿に直接干すよりもかなり省スペースですよね。

ほかの衣類と一緒に干せるので、洗濯物の量が多い方にこそ使ってみてほしいアイテムです。


【セリア】「バスタオルハンガー」なら省スペースでしっかり乾く 画像(10/4) お部屋の乾燥対策にも使えます♪

こちらのバスタオルハンガーですが、私はお部屋の加湿にも使っています。


私は以前、濡れたタオルをハンガーにかけて加湿していました。

しかし普通のタオルだとサイズが小さすぎてすぐに乾いてしまい、何度も「バスタオルサイズでこの加湿ができたらいいのに」と思っていました。


やり方は簡単♪濡れたバスタオルをバスタオルハンガーにかけて部屋につるしておくだけ。

普通のタオルよりも大きいので、濡れている状態が長持ちします。


唯一の欠点が、バスタオルは大きいので濡らすのが大変なこと。

普段の洗濯をするときに加湿用のバスタオルを1枚入れておくと、程よく脱水された加湿用のバスタオルが簡単に作れます。


バスタオルを干すときのちょっとしたストレスを解消してくれる、バスタオルハンガーをぜひお試しくださいね。


文=あささん