【ダイソー】エコでかわいい「ペーパー加湿器」の実力をチェック!

#やってみた 

乾燥が気になるこの季節、加湿器を使用している人も多いかと思います。

加湿器にもいろいろなタイプがありますが、環境によって使用する製品も異なりますよね。

今回は、加湿器の音が気になる人や「子どもが小さいので加熱式はあぶない」なんていう人にぴったりの、電気を使わない自然気化タイプの「ペーパー加湿器」を紹介します。

【ダイソー】「ペーパー加湿器」がかわいい


・「ペーパー加湿器」100円/1枚入(税抜き)

<材質>紙

<商品サイズ>高さ約16.5cm

かわいい癒やし系パンダにほっこり


【画像】癒やされパンダの「ペーパー加湿器」


加湿器といえば、よく乾燥する11~2月頃が活躍のシーズン。

でも、気温や気候によっては、3月や4月まで使用することもありますよね。

予算的にもスペース的にもコンパクトなダイソーの「ペーパー加湿器」なら、今から買い足してもOK!

なんといっても、かわいいパンダのデザインに癒やされますよ。

セッティングもあっという間


誰でも組み立て簡単!のエコ加湿器


ペーパーの切り込みに、突起部分を差し込みます。

折り線にそって、組み立てるだけなので誰でも簡単にセッティング可能。

組み立てた加湿器はコップにイン!


組み立てた「ペーパー加湿器」を、適当なサイズのコップに入れると、なんとも愛らしいパンダ達がこちらを見ています。

50%以下の部屋をどれくらい潤すことができるのか?


部屋の湿度が50%以下の状態で、「ペーパー加湿器」を準備。

コップに水を注いで加湿スタート


早速、コップに水を入れてみました。

「ペーパー加湿器」は、空気の流れと室内温度の作用によって、水分を蒸発させる自然気化式の加湿器です。

目印をつけて水の減り具合を確認してみます


コップの水がどれくらい蒸発するのかわかるよう、目印も付けてみました。

では、加湿スタート!

寝室で使用してみた結果…


1時間経過したら湿度が上がった!


まずは、1時間様子を見てみると…55%を超える結果に。

デジタルタイプの湿度計ではないのが残念ですが、56%くらいかな?という感じです。

ペーパー自体も、かなりしっとりと潤っていて、コップの水をきちんと吸い上げていることが分かります。

2時間後も湿度をキープしています


続いて、2時間後に見てみると…。

大きな変化はないものの、55%をキープ。

加湿前から比べて5%潤いアップということでしょうか。

12時間後はさらに湿度が上昇!効果あり!


翌朝、見てみると湿度は65%に。

開始したのが夕方5時くらいだったので、12時間くらい経った状態です。

なんとなくではありますが…少し気になっていた、起き抜けの喉の乾燥が軽減されていた気がします!

水の減り具合がなんだか楽しい


コップの水も大分減っている様子です。目印から2㎝くらい水かさが減っていました。

朝起きて、娘と「わー水がこんなに減っているー!」と確認しあいました。

2日目も加湿器大活躍!継続使用します


2日目の朝には、コップの水もかなり減りました。

本来は1日1回水を入れ替えて、こまめに水を補充するようにとパッケージには記載されています。

どれくらい乾燥しているのか、見てみたくてそのまま2日目に突入しましたが、衛生面も考えてこのタイミングで水を交換しました。

寝室の枕元には、目覚まし代わりにスマホを置いている人も多いかと思います。

「ペーパー加湿器」なら電化製品の近くにあっても大丈夫だし、熱が発生しないので安全です。

電気代がかからない点や、使用目安が1カ月なので掃除や収納の心配がないのも良いところ。

広範囲の加湿には不向きですが、寝室やデスク周りなどのパーソナルスペースの加湿には最適だと思いました!

旅行先やオフィスなどにも、気軽に持ち運べるのでおすすめです。

文=moco

この記事に共感したら

moco

moco

神奈川出身のライターって名乗りたい主婦。2歳の娘と、おかし作りや... もっと見る

おすすめ読みもの(PR)

「やってみた」レポ一覧