夏場は心配!抗菌作用のある【ダイソー】「お弁当シート」を使ってみた

#やってみた 

わが家では、パパと娘がそれぞれお弁当を持参しています。
夏も近づき、だんだんと気温が上がってくると、お弁当が傷まないか心配になりますよね。

そこで、ダイソーで話題の抗菌「お弁当シート」を買ってきました。
たくさん入ってコスパも抜群!
パパと娘それぞれの柄をチョイスしてみました。

種類豊富な抗菌「お弁当シート」を買ってみました


・「お弁当シート(透明タイプ)」100円/72枚入(税抜き)
・「お弁当シート(フルーツ柄タイプ)」100円/66枚入(税抜き)
<原料樹脂>ポリプロピレン
<サイズ>60×100mm
<耐冷耐熱温度>-50~130℃
<添加物名>銀イオン(抗菌剤)

コスパ抜群のダイソー「お弁当シート」


【画像】「お弁当シート」透明タイプなら72枚も入ってお得!


いくつかの種類が販売されていましたが、ひとまず2パターンを購入。
パパ用にはシンプルな「透明タイプ」、娘用にはかわいい「フルーツ柄」を用意。

「透明タイプ」は、なんと72枚も入っています。「フルーツ柄」は66枚です。

一般的に、同サイズ程度の「お弁当用抗菌シート」は20~30枚入で販売されています。30枚で100円前後のもの、キャラクターがデザインされたものは300円前後のものが多く見られるので、ダイソーの「お弁当シート」はコスパがかなり良いですね♪

シートには、銀イオン抗菌剤が両面に練り込まれている!


シートには銀イオン抗菌剤が、両面に加工されています。
作ったお弁当に、シートをのせるだけで傷みにくくなるそうです。

銀イオンの力が夏場のお弁当を守るとのこと!


フィルムに銀イオンが練り込まれていて、雑菌の繁殖を抑えるというから驚き!
銀イオンは食品に溶け出すことはなく、安全とのこと。

透明タイプはシンプルでパパ弁当でも違和感なし!


「透明タイプ」は、本当にシンプルデザイン。
これなら、パパも抵抗がなさそうです。

子ども用にはかわいいフルーツ柄を日替わりで♪♪


一方、娘用に購入したフルーツ柄は、3種類のデザインがとってもかわいい!

縦長タイプの弁当箱に使ってみました


実際にお弁当に使ってみました。

上段400ml、下段460mlの縦長2段タイプのお弁当箱を使用しています。
(パパ用ですが、見やすいようにフルーツ柄をのせています)横幅はぴったり!

2枚並べてちょうど良いサイズです。


縦に2枚並べると、少しはみ出すくらいでした。
シートにふれていない部分は効果がないそうなので、並べたほうが安心かもしれません。

お弁当箱の底にも入れるとさらに効果アップ!


さらに、抗菌効果を高めたいときは、お弁当箱の下にも敷くと良い!とパッケージに書かれていました。

ただ、シートごと電子レンジを使用することができないと書いてあるので、気をつけましょう。

子ども用お弁当箱にも入れてみました


子ども用のお弁当箱でサイズ感をチェックしてみると…

子ども用には1枚がちょうど良いサイズです


容量が360mlタイプのお弁当箱では、シート1枚がちょうど良いかな?という感じです。

夏場のお弁当はなにかと心配ですが、「お弁当シート」が手元にあるだけで、やはりどこか安心できています。

もちろん、それで完璧!とはいかないので、自分自身も注意が必要です。

パッケージにもありますが、シートは保存料ではないので、食材の管理や衛生面には充分注意したいですね。

文=moco

この記事に共感したら

moco

moco

神奈川出身のライターって名乗りたい主婦。2歳の娘と、おかし作りや... もっと見る

おすすめ読みもの(PR)

「やってみた」レポ一覧