気分が落ち込む…だけじゃない!? マンガでわかるうつ病のリアル(2)

#くらし 
 


うつ病に身体症状がある事は知られていない!


【画像】マンガでわかるうつ病のリアル


うつ病で起き上がる事も食べる事も出来なくなる。


 


うつ病はただ単に気分が落ち込むだけの病気なので引きこもってないでたまには外に出てパーっと気晴らしでもすれば元気になる、と考えている人がいるようです。

ですが実際には身体症状もありますし、むしろ身体症状が苦痛のメインだという人もいます。僕も朝布団から起きる時に体が重くて目が覚めてから1時間くらい布団から出られなかったり、自力で寝返りが打てずに背中が痛くなったり、ご飯を食べる時にその姿勢を維持するのが辛くて休み休みご飯を食べたりと、色んな身体症状に悩まされました。

「気晴らしをすれば治る」は大間違い。


 


そんな状態では外に遊びに行くのは当然ハードルの高い行動なので「気晴らしした方がいいよ!」と言われて無理やり連れ出されるのはもう悪夢でしかありません。誘うほうはもちろん善意で連れ出そうとしているのだと思いますが、うつ病をよく知らないまま相手の都合を考えずに誘うのはただの善意の押し売りになってしまいます。

まして、自分のことを心配してくれているからこその誘いだというのは分かるので断るのも申し訳ないです。本当は行きたくないのに断り切れずに遊びに行ったとしても「せっかく私の為にしてくれているんだからもう少し楽しそうにしないと…」と気を遣い、辛いのを表に出さないように無理やり明るく振る舞うのは人として自然な行動ですよね。

そんな状態で楽しいわけがないですし、それでは本来は楽しいはずの遊びさえ最悪の時間になってしまい、気晴らしで元気になるどころか体力的にも精神的にもかえってボロボロになってしまいます。

一緒に遊びに行こうと誘ってくれる気持ち自体はありがたいのですが、うつ病は病気なのですから少し気晴らしすれば治るような簡単な話ではありません。無理に連れ出すのではなく相手の体調を優先してくださいね。

著=錦山まる/「マンガでわかるうつ病のリアル」(KADOKAWA)

【著者プロフィール】
錦山まる
2009年にプロ漫画家デビュー。月刊誌で連載を持ち単行本を出すも2013年に重度のうつ病と診断され、5年近く自宅療養の日々を送る。病気が回復するにつれ、同じようにうつ病に苦しむ方を1人でも楽にしたいと著書出版やSNSによる啓蒙活動に取り組む。著書に『「うつ」は甘え?ググれカス。』『きっと元気になれるから』他
Twitter:@nishikiyamamaru
錦山まる公認bot:@marurunzmemo
錦山まる公認YouTube:まるるんずチャンネル


この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //