ある朝娘が言いました 娘が学校に行きません(1)

#育児・子育て 
はじまりは、明日はちゃんと行くから…


朝起きて、学校へ行く…。
小5の娘にとっても、母親にとっても当たり前だった日常が、突然過去のものに。
「まさかこれって不登校!?」戸惑い、悩み、焦りながら、それでもなんとか歩み続けた母と娘の198日の記録です。
「ママ友が怖い」でおなじみの野原広子さんによる実録コミックエッセイ「娘が学校に行きません」から、
全国の悩めるお母さんたちはもちろん、現在進行形で学校へ行けない罪悪感を抱える子どもたちにも読んでほしい
野原家の「こんな感じ」を全25回でお届け。今回は第1回です。

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)