毎日忙しい主婦の強~い味方・デリバリーの歴史は宅配ピザから始まった!?「へぇ~!」連続の進化を振り返る

#くらし 
みんな大好き!デリバリーの代表格・宅配ピザ

3密を避ける新しい生活様式がスタンダードになった今、「デリバリー」の人気は高まる一方。
こまめに買い物に行けず、外食も気軽に利用できない“へとへと主婦”にとって、便利で種類が増えたデリバリーサービスって、本当に助かりますよね。
特に、子どものお迎え→夕飯作り→入浴→寝かせつけ、と仕事後にハードな時間が待っているママには、「おなかすいた~!」とグズる子どもたちをたちまち笑顔にできるデリバリーのありがたいことといったら! 

中でも「宅配ピザ」は、子どもたちをはじめ、家族みんながハッピーになれるデリバリーの代表格。
実は、宅配ピザの歴史は35年前のドミノ・ピザ ジャパンの日本開業から始まっているって知ってましたか?

今回は、そのドミノ・ピザ ジャパン35年の歴史を振り返りつつ、日本のデリバリーがどのように発展してきたかのお話を、ドミノ・ピザ ジャパンの柿内宏之さんに伺いました。
思わず「へぇ~!」と驚くこと間違いなしのデリバリーの歴史を、早速振り返ってみましょう。

何から何まで“初尽くし”だった宅配ピザの登場

【1985年 ドミノ・ピザ日本初上陸】
宅配ピザが初めて日本に登場したのは、1985年9月30日。記念すべき第1号はドミノ・ピザ恵比寿店でした。

【写真を見る】時代を感じさせる、出店当時の店内風景

都内の道路が狭く渋滞が多いことを考慮し、3輪スクーターを改造した宅配専用バイクを開発。なんと、30分以内にピザを届けられなければ無料という「30分保障」という画期的なサービスで、人々を驚かせました。というのも、当時はまだまだ“出前は待たされて当然”というイメージがあったからです。

アルバイト希望者が殺到した理由のひとつ、宅配専用バイク

また、出前=荷台に岡持ちをつけた自転車や小型バイク(カブ)利用だった当時、屋根付き3輪バイクは斬新で、若者を中心にたちまち注目を集め、乗りたい!とアルバイト希望者が殺到したといいます。

メニューの面では、今ではおなじみの具材ながら当時では珍しかった「ペパロニ」と「イタリア風ソーセージ」を日本で初めて具材に使用した「ドミノ・デラックス」を販売。衝撃的ともいえる本格的ピザでした。

また、1977年には、今では当たり前になっている1枚で4種類の味が楽しめるピザ「クワトロ・ピザ」を日本で初めて発売。作るのが難しいピザが日本に登場したことは、世界中でも「アメージング!」と驚かれたといいます。
家族が喧嘩せずに、いろいろな種類が一度に楽しめる幸せは、ここから始まったんですね。

また、ピザ生地の間にカマンベール・ミックスチーズを挟んだ「ミルフィーユ」生地も日本で初めて開発。ピザ&チーズ好きを歓喜させました。

革新的なアイディアでデリバリー業界を牽引

“日本初”はメニューだけに限りません。

【2004年 業界初 独自のECサイトを導入】
現在では当たり前になっている、ネットでポチッとすれば注文完了のシステムをいち早く導入。デリバリーのIT化の幕開けです。

【2010年 「Domino’s APP」をスタート】
さらに、スマホで宅配ピザを注文できるアプリを導入。今ではDL数が10万件を超えているほど、おなじみの機能に。

【2014年「お持ち帰り2枚目0円」が本格スタート】
宅配ピザ=デリバリーのイメージが強いなか、自分でテイクアウトすれば2枚目が無料になるならとピザを持ち帰る人が増えるきっかけに。

【2015年 「GPSピンポイントデリバリー」導入】
それまでは自宅や職場などでしか頼めなかったデリバリーですが、GPS機能を使って届け先を花見やピクニック、お月見などが行なわれている屋外に指定することが可能になり、利便性がますますアップ。

公園など屋外へのデリバリーが可能になって、ますます便利に

【2016年 「GPSドライバートラッカー」システム導入】
注文したピザの配達状況がアプリの地図上で確認できるシステムを導入。リアルタイムでピザの製造工程から配達までの状況が確認できるように!

子どものお風呂や着替えなど、スケジュールに追われる日も、ピザを注文してアプリで進行状況を確認できるので、「まだ~?」とグズる子どもにアプリを見せて「もうすぐだよ」となだめることもできるので、ママにとっては大助かりの機能です。

GPS機能で配達状況がリアルタイムで分かるので、あわただしい日のスケジュール調整も簡単!


焼きたてピザを安心・安全に

再び、年表形式で近年の歴史を振り返ります。

【2018年 プロジェクト「3TEN(スリーテン)」を発表】
「30分保障」サービスで世間をザワつかせてから33年後。世の中のスピードアップ化に伴って、「30分では遅すぎる」と “お持ち帰り3分、宅配10分”を目指すプロジェクト「3TEN(スリーテン)」の取り組みをスタート。
「時間はおいしさの敵」をモットーに、1分1秒でも焼きたてのおいしさを届けたい!と挑戦、現在では全国平均配達達成時間19分台を達成。

その早さにデリバリー中の事故が心配になってしまいますが、先に紹介したGPS機能でドライバーの安全運転を店舗では確認しているそう。それなら安心して頼めますね。

【2020年 「あんしん受取サービス」「スマートドライブスルー TM」「Drop&Go TM」開始】
2020年に入り、国内では新型コロナウイルスが流行。
デリバリーに注目が集まり、需要が高まるなか、心配されたのが商品の直接手渡しによる感染拡大でした。
ドミノ・ピザは感染予防策として、店舗スタッフによる直接の手渡しを避けて商品を渡す「あんしん受取サービス」、持ち帰りの商品を車から降りずに受け取れる「スマートドライブスルーTM~車にお届けサービス~」、デリバリーの商品をドライバー(配達員)と対面せずに受け取れる「Drop & Go TM」の新サービスをスタート。
デリバリーでも持ち帰りでも、安全・安心にピザを受け取れるサービスで、食事作りに追われ疲弊しきっていたママたちを助けてくれたのです! 

新しい生活様式になった今、選べる3つの受け取り方法はさまざまな分野で取り入れられ、ニュースタンダードになりつつあります。
そのときの状況に応じて受け取り方を選べるなんて、忙しいママたちにとっては嬉しいかぎり。

こうして、業界初の試みに次々と挑戦、デリバリーサービスを進化させ続けてきたドミノ・ピザ。
日本で初めて「宅配ピザ」というサービスが始まった日でもある9月30日を「宅配ピザの日」に制定するとともに、35周年を記念して「クワトロ・ハッピー」Mサイズをお持ち帰り限定700円で提供する割引キャンペーンを10月11日(日)までの期間限定で実施中!

また、ピザと一緒に味わいたいのが特別メニューの「プレミアムシェイク カラフルケーキ」。アイスクリームと牛乳だけを使い、お店で手作りしている本格濃厚シェイクです。カラフルシュガーとダイスカットされたスポンジケーキがトッピングされていてお祝い感もたっぷり。

「クワトロ・ハッピー」と35周年のお祝いにぴったりな「カラフルケーキシェイク(ホイップあり)」


デリバリーの歴史を振り返っているうちに、無性にピザが食べたくなってきた~!という人は、この割引キャンペーンを利用しない手はありません。

へとへと主婦を助け、家族みんなをハッピーにしてくれるデリバリー。これからも上手に利用していきたいですね。

文=岸田直子

この記事に共感したら

Information

▼ドミノ・ピザの歴史&キャンペーンについての詳しい情報はこちら▼
ドミノ・ピザ35周年サイト

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //