アザラシを海に帰すには? 娘が学校に行きません(20)

#育児・子育て 
ただの素人がじたばたしても…

娘が学校に行きません20話【WEB連載】

朝起きて、学校へ行く…。
小5の娘にとっても、母親にとっても当たり前だった日常が、突然過去のものに。
「まさかこれって不登校!?」戸惑い、悩み、焦りながら、それでもなんとか歩み続けた母と娘の198日の記録です。

保健室登校を始めた娘に安心した母は、ほんの少しだけ羽を伸ばします。
しかしそれをするにはまだ早すぎて娘がボロボロに!?
「ちゃんとプロの言うことを聞こう」…と、反省をした母なのでした。

『ママ友がこわい』でおなじみの野原広子さんによる実録コミックエッセイ『娘が学校に行きません』から、全国の悩めるお母さんたちはもちろん、現在進行形で学校へ行けない罪悪感を抱える子どもたちにも読んでほしい野原家の「こんな感じ」を全23回でお届け。今回は第20回です。

※本作品は野原広子著の書籍『娘が学校に行きません』から一部抜粋・編集した無料試し読み連載です

お母さんが甘く見ていたのね…

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //