奇術ではなく化粧なのに…! 現代OLが18世紀フランスにタイムスリップしたら(5)

#趣味 
一難去ってまた一難


化粧品の開発部に勤めるOLがたどり着いたのは、ブルボン王朝時代のフランスだった!

恋愛には奥手ながらも仕事では成功を収め、周囲にも認められつつある理系女子・琉花。海外ブランドとの大きな事業契約の話が持ち上がるも、彼女は奇妙な場所に迷い込み…気づけばそこは18世紀のフランスで!?

美の革命期にあった当時のフランスで、その知力と技術を用いて奮闘する琉花の姿を描いたタイムスリップ浪漫「ラ・マキユーズ~ヴェルサイユの化粧師~」から、冒頭のエピソードを6話連載でお送りします。今回は第5回です。

※本作品はみやのはる著の書籍「ラ・マキユーズ~ヴェルサイユの化粧師~」から一部抜粋・編集した連載です

【画像を見る】ラ・マキユーズ~ヴェルサイユの化粧師~

 

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //