毎日子どもをガミガミ叱りすぎてしまうのはなぜ? 「見守る」子育て(7)

#育児・子育て 

「子どもには少しでもいい人生を歩んでほしい」と、親であれば誰しも願うもの。
先の見えない時代を切り拓く子どもたちが、幸せを掴むために必要なのは、自分への理解に基づいた判断基準、すなわち自分軸です。
30年間教育に携わる教育家であり、「見守る子育て研究所」所長の小川大介氏による2021年1月刊行の新刊『自分で学べる子の親がやっている「見守る」子育て』から、自分軸を伸ばす子育てのコツをピックアップしてご紹介します。


※本作品は小川 大介著の書籍『自分で学べる子の親がやっている「見守る」子育て』から一部抜粋・編集した連載です

母親がガミガミ言いがちな理由を知る

本書を通して、「当たり前のことをほめること」、その大切さに繰り返し触れてきました。
ほめることの大切さをお話しすると、「もっとほめてあげたいのに、叱ってばかりです」「叱ってばかりいる私は、本当はこの子のことが嫌いなのでしょうか」という反応をいただくこともあります。
ですが、叱るのもほめるのも、実は同じことなのです。この子が大事、この子によりよく生きてほしいという思いが、違う形で表れているだけです。

叱るのは、お子さんが大事だからです。ものすごく叱るのは、お子さんがものすごく大事だからです。ものすごく心配でものすごく大事にしてあげたいから、叱りすぎてしまうのです。こういうことを知っておくとよいですね。

不安や心配は、度が過ぎると怒りに変わります。際限なく叱ってしまうのは、親が不安を抱えていたり、忙しすぎたりして、いっぱいいっぱいになっている証拠です。
ふと我に返って、毎日毎日ガミガミ言っている自分に嫌気がさしたときは、まず「自分はこんなにも子どものことが大事なんだ」ということに気づきましょう。
それと同時に、「余裕のなさが叱りすぎという表れ方をしているのだから、人に助けてもらったほうがいいタイミングだな」ということにさえ気づければ大丈夫です。

なぜ母親は子どもを叱りすぎるのか

こんなふうに叱りすぎてしまうのは、総じてお母さんのほうです。その理由は、子どもを授かったときからの数年間にあります。

母親は、子どもを授かったときから命がけで子育てをしてきたということがその理由です。
私はいつも「お母さんたちが叱りすぎてしまうのは、命がけで子育てをしてきた勲章です」とお伝えするのですが、子どもが3歳くらいになるまで、母親がどれだけ子育てに力を尽くしてきたかを考えれば、命がけという言葉は決して大げさなものではありません。

生まれたばかりの赤ちゃんに、数時間おきに授乳します。まとまった睡眠時間が取れない日が数カ月、あるいは1年以上続くこともあります。
乳児は言葉でコミュニケーションがとれませんから、お腹が空いていないか、具合が悪くないかと、子どもの表情や泣き声に日々神経を使います。
口には出さずとも、「ちょっとでも私が目を離したり、泣き声に気づいてあげられなかったりしたら、病気になってしまうかもしれない、死んでしまうかもしれない」、そのくらいの気持ちで、お母さんたちは頑張っているのです。
常に最悪の状態を考え、問題点を素早く見つけることでわが子を守り続けているのが、小さな子どもを抱えている母親です。母親というのは、言うなれば「問題点を見つけるプロフェッショナル」なのです。それを3年も続けていたら、「子どものいいところを見ましょう」と言われても、そう簡単にはいかないのはもうおわかりでしょう。

ガミガミ言うのは命がけでやってきた証拠です。それは勲章として受け止めたうえで、次はその愛情を少しずつ意識して「見守る力」へと変えていきましょう。
ここまで必死に子育てしてきたのですから、そのエネルギーは必ず、「見守る」方向に変えていけます。

著=小川 大介「自分で学べる子の親がやっている「見守る」子育て」(KADOKAWA)

この記事に共感したら

Information


小川大介
教育家。中学受験情報局『かしこい塾の使い方』主任相談員。
京都大学法学部卒業後、コーチング主体の中学受験専門プロ個別塾を創設。子どもそれぞれの持ち味を瞬時に見抜き、本人の強みを生かして短期間の成績向上を実現する独自ノウハウを確立する。個別面談の実施数は6000回を数え、受験学習はもとより、幼児低学年からの能力育成や親子関係の築き方指導に定評がある。各メディアでも活躍。著書多数。
▶『見守る子育て』オンラインサロン

▼最新刊!



自分で学べる子の親がやっている「見守る」子育て


『自分で学べる子の親がやっている「見守る」子育て』

大手進学塾や個別指導塾での経験から、子ども一人ひとりの持ち味を見抜き、強みを生かして短期間で能力を伸ばす独自ノウハウを確立。教育家・小川大介氏が、自分軸を伸ばす子育てのコツを公開した話題の新刊。


▼好評既刊

▼大人気コミックエッセイ大量配信!連載まとめ一覧▼
他の作品


おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //