【おもてなしレシピ】イタリアンを和風にアレンジ「牛肉と焼き野菜の和風ジェノベーゼソース添え」 画像(1/3) 青じそを使って和風にアレンジ

何かと来客の機会が増える春先。できれば「へぇ~」と感心される料理でおもてなししたいもの。バジルの代わりに青じそを使った和風ジェノベーゼソースでいただくステーキなら、ゴージャス&ボリューミーなうえ、新しいおいしさ! 和テイストが好きな年配の方にも喜ばれるはず。食卓の会話もきっと弾みます。


【牛肉と焼き野菜の和風ジェノベーゼソース添え】(1人分591Kcal、塩分1.9g、調理時間20分)


<材料・2人分>牛ステーキ用肉200g、じゃがいも100g、さやいんげん4~5本、ズッキーニ1/2本、和風ジェノベーゼソース(青じそのみじん切り15枚分、おろしにんにく少々、白すりごま小さじ1、オリーブ油大さじ2、粉チーズ大さじ1/2、塩少々、水小さじ1)、オリーブ油、塩、こしょう、サラダ油


<作り方>

1.牛肉は室温に置く。じゃがいもは1cm厚さの半月切りにする。耐熱皿に並べ入れ、水大さじ1を回しかける。ふんわりとラップをかけて電子レンジで約3分加熱し、取り出す。いんげんは3等分の斜め切りに、ズッキーニは1cm厚さの輪切りにする。

2.フライパンにオリーブ油大さじ1を強火で熱し、じゃがいもを並べ入れる。塩、こしょう各少々をふり、時々上下を返しながら、焼き色がつくまで焼き、器に盛る。続けて、いんげん、ズッキーニを並べ入れ、同様に塩、こしょうをふって焼き、器に盛る。

3.牛肉に塩小さじ1/3、こしょう適量をふる。フライパンをペーパータオルでさっと拭き、サラダ油大さじ1/2を強火で熱する。牛肉を並べ入れ、約1分焼き、上下を返してふたをして弱火にし、さらに約40秒焼く。バットに取り出し、アルミホイルをかぶせて約3分おく。1cm幅のそぎ切りにし、2の器に盛り、ジェノベーゼソースの材料を混ぜ合わせて、添える。

【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】