【簡単】スカートやジャケットについた汗やニオイ、軽い汚れを落とす方法

ジャケットやスカートなど、数回着たくらいでクリーニングに出さない服はたくさんあります。でも、汗やニオイ、ほこりなどをそのままにしておくのは考えもの。

着用後にササッとひと手間かけてケアしておけば、次回も気持ちよく着られます。そこで、よくある4つの問題を、「洗濯王子」として活躍中の中村祐一さんがズバッと解決してくれました。

■ジャケットの汗じみは?

40~50℃の湯で絞った蒸しタオルで、首元や袖口、脇などについた汗をやさしく拭き取っておけばOK。汚れの蓄積を防げる。

■ジャケットのほこり汚れは?

着用後に洋服ブラシをかけよう。玄関にブラシを用意しておき、帰宅後ササッとかけるだけでほこり汚れが落ちてスッキリ!

■服に着いたニオイは?

浴室で60℃の熱いシャワーを出し、蒸気を充満させてから衣類を10分ほどつるしたあと、換気扇を回して蒸気を飛ばせばOK。

■スカートの軽い汚れは?

かたく絞ったタオルに手洗い濃度のおしゃれ着用洗剤をつけて、上から下へやさしくたたき拭きしたあと、清め拭きも同様に。

洗わないけれど、ケアはする。この心がけが衣類を快適に保つコツです!

【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】